旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

ハス型の麺に驚き

ハス

さて、太原の一夜が明け 朝ご飯はホテルのバイキング。   山西省では 他の町と同じように朝はお粥も
並ぶが 主に粟粥(あわがゆ)がある。  今でこそ改良を経てコメの生産もあるようだが、昔は全く採れなかった。
乾燥地だし黄土は水を得ると粘ってしまうそうだ。 その代わりに粟やコーリャンが主な穀物になった。
黄色い粟のお粥が普通にバイキングに並ぶ。  いろいろ物色していると こんなものに出会った。
字を見ても???。 一個だけ取ってみた。 味は薄いがピリッとしたタレの味がする。 これは一体なんだろう。
今朝はもうガイドはいなく友と二人だけだ。 後日 写真を見せて別のガイドに聞くと 麺の一つだと言う。
面と書いてはあるが信じられない。(笑)    右の難しい字はレンコンの意味でなるほど・・・ハス型の麺ね~。
いろいろ考えるなぁ。こんなの初めて見たし、本にも載ってない。    作るのに手間がすごく要りそうだ。
  1. 2017/07/30(日) 08:22:42|
  2. 中国ー太原
  3. | コメント:4

太原の街

太原

太原の街は こんな感じ。 ホテルの上層階からの眺めだ。  山西省の省都で 345万人ほどの人口。
静岡県の全人口 375万だから けっこうな大きさの街だ。  この頃の中国の地方都市全体に言えるのは
果たして人が入るの?と言うくらいの高層マンションの林立だ。 同じ顔をしたマンションが さして都会でもない
郊外に何本も建っている。 昨年の河西回廊の街も 今回の山西省のあちこちも それが目立った。
山西省は黄土高原上にあり、太原の海抜は平均800m、乾燥していて 前にも触れたが ポプラや沙棗、
槐(エンジュ)の木がたいていどこでも見られる。 日本の地方都市とあまり変わらない風景で クルマも多い。
だが、信号を守る人は少なくて クルマの間を縫って渡る人ばかりだ。 外国は大概がそうだけど。
北京から飛行機で1時間20分。 高速鉄道でも結ばれている。 明日は列車で大同まで移動する予定♪

  1. 2017/07/28(金) 10:56:08|
  2. 中国ー太原
  3. | コメント:2
前のページ

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (52)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (74)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (7)
中国ー大同 (23)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (198)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード