旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

のんびり魚市場

DSC00189_convert_20111202092944.jpg
海に面したオマーンには 小型の魚市場がたくさんある。  
日本の市場にもよくあるアジも多いが 沖縄で見るような青い魚やエイなども並んでいた。
実際に包丁を持って捌いている人たちは インドやバングラ、パキスタンからの労働者だ。 地元のアラブ人は
そう言った仕事には就かない。  全体にゆったりした のんびりモードで見る者にとっては楽しい。
日本の築地にも行ったが、あそこでは素人がボヤボヤしてるんじゃないヨ!と怒鳴られそうな勢いだ。
それと、一番不思議に思ったのは オマーンは暑いのに氷が少ないこと。
魚に氷は付き物だと私たちはインプットされているので どうも 氷の無い(少ない)魚市場は いいのかなと
感じてしまう。 まぁ、インドでもそうだったのだが。
氷を大量に作って使うこと自体、もの凄く高度で大変な出費の要ることなんだなぁと改めて思う。
もう一つ、魚を生で食べる用途の多い日本とでは 鮮度に対する考えも違うかも知れない。 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2011/12/02(金) 09:59:58|
  2. オマーン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<赤い山脈 | ホーム | 手工芸の国>>

コメント

よくわからないのですが…地元の人は汚れ仕事はしないということなのでしょうか?
男の子たちの帽子が素敵ですね。
  1. 2011/12/02(金) 11:22:00 |
  2. URL |
  3. だだ #-
  4. [ 編集 ]

そうなんです。 アラブ人は今や いわゆる4Kと言うような仕事はすべて異国の労働者に任せていると聞きました。 見ると 本当にそうで工事の人夫も掃除人も 魚を裁くのも皆 そう言った人たちでした。 UAEならともかく、オマーンまでがそうで驚きました。
  1. 2011/12/02(金) 16:26:43 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

そういえば、どっさり氷だらけのはずの市場に氷はなかったような・・・。
すぐに売るからいいという感じでしょうか。これだとすしや刺身の発想は生まれず、すぐに煮込んでしまえとなりそうです。
  1. 2011/12/03(土) 19:26:59 |
  2. URL |
  3. miriyun #X.Av9vec
  4. [ 編集 ]

採れたてなら それでOKと言う感じですね。 生では食べず 専ら煮るか揚げるかですから 日本のような鮮度との戦いは無縁でしょうね。
  1. 2011/12/03(土) 20:56:44 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotaro605.blog57.fc2.com/tb.php/956-1869fccc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (52)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (75)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (7)
中国ー大同 (23)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (198)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード