旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

西域のモスクで

繧ヲ繧」繧ー繝ォ+002_convert_20111122101227
カシュガルにある 中国最大のモスク、エイティガール寺院だ。
ポプラで作られた美しい柱が整然と並ぶ。 神聖な色である緑に塗られた 彫刻が優美で素朴。
世界にはイスラムの国や地域が多いが 場所によってモスクの様式が大きく違うのが 興味深い。
中でも中国のそれは また独特で 広い国だけにカタチもいろいろなのだ。
このエイティガールは 比較的アラビア風に近い建築だ。 薄い黄色のアーチ型の建物は美しい。
金曜日の礼拝の日ではなかったので、閑散としていたが それでも何人かの人が個人的に祈っていた。
この寺院の裏手には カシュガル独特の職人街が広がっていて 手作業でトンカンと音を立てながら 日用品を
作っている。  中央アジアの顔立ちをした人々が行き交い、青い目の子供たちにも出会える。
モスクを取り巻く 文明の十字路の場で、人間の生まれた土地と暮らしをしみじみ考える。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:異文化を楽しむ! - ジャンル:海外情報

  1. 2011/11/22(火) 10:44:13|
  2. 中国ー新疆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<風呂場 | ホーム | 優雅?リゾート>>

コメント

この写真好きです。
モスクを背景にした、おじさんのお散歩姿がいいですね。

カシュガルのある新疆というところは、
漢の時代にも中国の支配下に置かれていたのですね。ウイグル帝国やモンゴル帝国・・・中央アジアの複雑な歴史が感じられるところなのでしょうね。

私の暮らすところも少数民族ですから、他の国でも少数民族の暮らしは気になります。こうした古い暮らしが損なわれずに、残っていくことを祈ります。

  1. 2011/11/29(火) 06:38:39 |
  2. URL |
  3. 谷崎 聖子 #-
  4. [ 編集 ]

年々 漢民族が増えて 時には衝突がありますね・・・。 自治区と言えども 中国はこうした地区に目が離せないのでしょう。
地域がら 民俗の十字路と呼ばれ、中央アジアと大差ない顔立ちの人たちがいっぱいです。
  1. 2011/11/29(火) 09:20:00 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotaro605.blog57.fc2.com/tb.php/946-f15003d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (52)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (75)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (7)
中国ー大同 (23)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (198)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード