旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

砂漠の南の町

DSC01328_convert_20111120091544.jpg
特別な日ではなく、全くの日常の風景だ。   クルマの台数はとても少なく、この広い道路は事実上 
使われていない。 遠い?将来の為に建設されたのかなぁ。 先を見越す 中国の底力なのか。
タクラマカン砂漠の南側を 縁取るように通る西域南道だ。
大きな道路としては 恐らく中国で最もひっそりとしているのでは? ワタシの勘なのだが。(笑)
で、この町は 干田(ケリヤ)だ。  これもまたマイナーな町で あまり特色もないとされる。
観光客も滅多に来ないようで、ホテルでは皿が足りなくて借りに走ったそうだ。(笑)
ホテルの窓ガラスは 長年の砂漠の砂がこびり付いて なるほど~!!と言うくらい曇っていた。
町の風情といい、通るロバ車といい、ああ…この町に来てよかったなぁとムフフ感覚だった。(笑)
50~60年前にタイムスリップした気分で なかなか楽しい。 ここに住む人々は 北京や上海の繁栄を
知っているのか・・・一生行かずに終わる人も 珍しくないのだろうなぁ。
スポンサーサイト

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

  1. 2011/11/20(日) 09:54:05|
  2. 中国ー新疆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<優雅?リゾート | ホーム | ローカル飛行機>>

コメント

この秋の番組で 雲南省のシャングリラを写していました。
シャングリラで 民族衣装を着て 観光客に見せる仕事をしている女の子は 
「何処へ行きたいか」という問いに 「上海に行きたい」と答えていました。
父親は チベット族の娘に「ラサ」と答えてほしかったようです。
広い中国ですから 上海や北京に一度も行けない人たちは大勢いるでしょう。
半世紀も前にタイムスリップしたようなところ 私にとっては 上海より魅力あります。
ロバ車と道路の不釣り合いさが 中国奥地という感じしますね。 
  1. 2011/11/21(月) 20:22:50 |
  2. URL |
  3. ニャロメママ #-
  4. [ 編集 ]

この辺はポプラ並木はあまり見なかったんですが、やはり木は少ないです。
広すぎる道路に こんなロバ車や 自転車に荷台をつけたようなものが走っていました。
シャングリラの番組を私も見ましたよ。
やっぱり都会は憧れでしょうね。
  1. 2011/11/22(火) 00:06:52 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotaro605.blog57.fc2.com/tb.php/944-8fb3570d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (50)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (68)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (7)
中国ー大同 (3)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (198)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード