旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

ラーメン大国

DSC03550_convert_20111102085004.jpg
日本のカップ麺の多さにも驚く昨今だが、中国も それ以上に凄い。  大手のスーパーの売り場には
こんな風景が広がる。  中国での需要が多い理由の一つに 長距離列車がある。
お湯が完備されている列車内で カップ麺を作って食べる人々がとても多い。 車内で1~2泊する状況が
たくさんある事から ホームの売店にも多く売られている。
それと、市場で店番をしながら食事をしてしまう文化?がある。  一昔前は ご飯におかずをぶっ掛けた
ものを かきこんでいたが 今はこのカップ麺が主流になっているようだ。
簡単だし、バラエティにも富んでいる。  地域色のあるものは・・・ムスリム用に作られた 豚肉抜きの
麺なども完備。  辛い 四川風?も。
カップ麺文化は 瞬く間に世界を包囲してしまった。  人口の多い中国では途方も無い消費量だ。
市場やスーパーを歩くと やっぱりその国の今が見える。
スポンサーサイト

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

  1. 2011/11/02(水) 09:22:21|
  2. 中国ー北京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ハス模様 | ホーム | やがて消える街>>

コメント

凄い量のカップめんですね。
13億人が食べる量 どれほどでしょうか?
レトルト食品やカップめん いろいろな添加物の入った子供たち用の可愛いお菓子などを見ると アトピー皮膚炎やアレルギーと結びついてしまいます。
麺の味もよくなって 私も年に何回か 無性に食べたくなる時がありますが 昔のぶっかけごはんのほうが 体にいいように思います。
中国の人たちも ほどほどに召し上がれ。
  1. 2011/11/02(水) 20:11:48 |
  2. URL |
  3. ニャロメママ #-
  4. [ 編集 ]

これだけ世界中にカップ麺が広がっているんですから 業者の方も 健康にいいものを作って欲しいですね。  もしも今度行ったらどんな麺があるのか詳細に見てみたいと思います。
  1. 2011/11/02(水) 23:09:14 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotaro605.blog57.fc2.com/tb.php/926-205e5300
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (50)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (68)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (7)
中国ー大同 (2)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (198)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード