旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

大きな糸だま

繧ヲ繧」繧ー繝ォ+016_convert_20111017085809
西域の街・ホータンのアトラスシルクの工場では 模様に沿って染められた糸の束が 天井から吊るされる。
1m以上もある大きな糸玉。   この下に手織り機があって たぐり寄せながら きれいなカスリ模様が
織られていく。  ホータン(和田)は 古来からシルクの街で 中国で一番高級なじゅうたんも
生産される。 しかし、家内工業的な小規模なかたちがほとんどだ。
アトラスシルクは カラフルな色を多く使った美しい織物で 洋服やスカーフなどに用いられる。
中国の新疆ウィグルから 中央アジアの国々で織られていて 現地を歩くとカスリ模様のワンピースや
スーツの人に出会える。 ちょっと他では見られない独特の服で美しくて 珍しい。
糸の玉を見ても 結果どんな柄になって行くのか 想像出来ないが・・・ちゃんと計算された図柄に沿って
染められているんだよなぁ。 単純なカスリ模様じゃないのが凄いのだ。
しかし、織り機でイッパシの顔をして働いていたのは まだ中学生くらいの少年で びっくりだった。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:異文化を楽しむ! - ジャンル:海外情報

  1. 2011/10/17(月) 08:59:08|
  2. 中国ー新疆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ある日の朝食 | ホーム | 風に舞って>>

コメント

同じ絣でも、日本のものとは色合いが違いますね。緑のような青のような色が特に美しいです。

絣は確かインドが発祥で、
日本は沖縄にはじめに伝わったのですよね。
中央アジアよりの中国とは伝わり方が違うのでしょうか。
この糸巻きだけでもほしいくらいです。

下の砂漠の植物も、まるでサンゴのようで美しかったです。初めてのことばかり、いつも驚きをありがとうございます。
  1. 2011/10/20(木) 19:45:00 |
  2. URL |
  3. 谷崎 聖子 #-
  4. [ 編集 ]

カスリは 染める時が命ですね。
新疆から中央アジアに広がるカスリ模様は色も柄も複雑、さぞ糸染めが大変かと思います。 街角で カスリ模様のスーツを着ている女性を見ると 思わず近寄ってしまいます。
  1. 2011/10/20(木) 23:08:57 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotaro605.blog57.fc2.com/tb.php/910-6e87c676
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (52)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (77)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (7)
中国ー大同 (23)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (198)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード