旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

コーヒーポット

DSC00253_convert_20110821111421.jpg
これは オマーンの民俗資料館での展示物。 アラビア半島の各国には小規模のこうした資料館や
博物館があちこちにある。   大抵が 急激に変わった暮らしの状況を年代別に表す方式だ。
砂漠しかなくて あとは漁業や真珠採りで生計を賄っていた時期の品々が まだそれほど古くない品物と
一緒に並べられている。  そんな中に必ずあるのが この中央にあるコーヒーポット。
アラビアの雰囲気十分の美しいかたちだ。  カルダモンを加えたアラビアコーヒーは 今も広く飲まれて
いる。  このポットを大きく作ってその場のモニュメントとして飾っている所もある。
ドバイの空港にも ピカピカのものが飾ってあった。
みやげ物店にも大小いろいろなポットが置かれていて、実は私も12cmくらいのミニ版のものを購入。
このポット、よく見たらインド製がほとんどだった。  古いものは どこで作られていたのだろう。
インドは こうした金属加工の技術が盛んで 得意な国だ。  昔から交易品の一つとして インドの製品を
扱っていたんだろうか。  砂漠にもとても似合う。アラジンも使っていたに違いない。
スポンサーサイト

テーマ:異文化を楽しむ! - ジャンル:海外情報

  1. 2011/08/21(日) 11:32:13|
  2. オマーン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ドバイのゴミ箱 | ホーム | ホテル・ウズベキスタン>>

コメント

アラブのコーヒーポット、その姿だけで味がありますよね。
実はコーヒーはにがてなのですが、カルダモンコーヒーは好きなんです。こういうものの手作りって金属を見事に使いこなすものだと常々感心してしまいます。
  1. 2011/08/21(日) 12:13:24 |
  2. URL |
  3. miriyun #X.Av9vec
  4. [ 編集 ]

そうなんです、いい形ですよね~。
私が買った小さなポットも 大きなものと全く変わらない製法で仕上げてあって 小さいながら 精工なんです。
  1. 2011/08/21(日) 22:56:57 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

このコーヒーポットを見て 「コーヒールンバ」の出だしが 口をついて出てきました。
古いですね。 
  1. 2011/08/22(月) 21:38:29 |
  2. URL |
  3. ニャロメママ #-
  4. [ 編集 ]

コーヒールンバですか?  確かあれはアラブのって出て来ますよね。(笑)
あの地域が発祥の地ですかね~。
砂漠で飲んだコーヒー 美味しかったです。
  1. 2011/08/23(火) 09:23:41 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotaro605.blog57.fc2.com/tb.php/860-769b011c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (50)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (68)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (7)
中国ー大同 (3)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (198)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード