旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

マサフィ

DSC00489_convert_20110411095331.jpg
日本は砂漠の国からも 水を輸入しているのだ。
UAEのフジャイラとドバイの境あたりの マサフィ山脈のふもとに この工場がある。
降水量は 年間にたった70ミリほど。  そんな雨水が遥かな年月をかけて砂漠を通り、ろ過され
美味しい水が生まれる。  硬度は85~87の軟水で、日本人の暮らしに馴染みやすい味と
何にでも利用できるクセの無さ。     現地に行き、こんな場所で?と驚いた。 普通に考えると
清水が湧き・・・などと思うが これは深い地下から汲み上げている訳だ。 アラブの乾燥地で 全く
草木のない岩山の続く山脈と枯れた河、ワディの景色。 よくも こんな地下に眠っている水を発見した
ものだ。 マサフィを「命の水」と訳す向きもあるが諸説ある。 あくまでも地域の名だと言われてもいる。
街中で撮った写真だが、マサフィにはミントやピーチなど味付きもあり、フタの色で区別するが…味は
イマイチとの感想も。(笑)    今は震災などで 水が手に入りにくいが 日本はもの凄い種類の
水を世界から買っているようだ。 こんな砂漠の水も 機会があったら飲んでみて欲しい。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2011/04/11(月) 10:22:16|
  2. UAE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<最古のモスク | ホーム | グム百貨店>>

コメント

このブランドのお水、以前行っていたスポーツクラブの自販機で買っていましたが、その産地に行った人はめったにいないのでは。
ワディの地下からくみ上げられる貴重なお水だったんですね。
  1. 2011/04/12(火) 02:25:12 |
  2. URL |
  3. lunta #iSlGiXh2
  4. [ 編集 ]

そうだったんですか。
私の住む田舎には無いと言うか 意識していなかったんですが、今回 行ってびっくりでした。 いったい何年前に降った雨がこうして飲めるのやら と言うほどの乾燥した岩山群の土地でしたよ。
  1. 2011/04/12(火) 09:19:50 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotaro605.blog57.fc2.com/tb.php/737-87f1f639
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (52)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (75)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (7)
中国ー大同 (23)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (198)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード