旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

縦断ゲート

・托シ抵シ廟0002_convert_20110203091423
タクラマカン砂漠を縦断する道路は 最近もう一本出来たようだ。
これはもちろん一本目の元祖・縦断道路の入り口。  南北両方に当然ながら入り口(出口)が
あるが これは北側入り口だ。  塔里木(タリム)河があるので そこから名をとって公路を
塔里木公路と言うようだ。 約600kmの道のり。
中国は この縦断道路を石油採掘と輸送のために着手したのだが ゆくゆくは観光に、と
考えたのだろうか…。 こんな不毛の地に観光客など来るはずもないと思ったのかも。
世界には大きな砂漠はたくさんあるが それぞれ様相が違って個性があるなぁ。
国の違いや 生息する動植物の差、周辺文化の違いなど 本当に様々だ。
タクラマカン・・・入ったら二度と出られないの意味がある。
こうした道路を何本も作ってしまった人間だが、これもほんの僅かな面に過ぎず あとは
荒涼としたとてつもなく広い地帯だ。 まだまだ魔物が棲んでいるんだろうなぁ・・・。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

  1. 2011/02/03(木) 09:32:19|
  2. 中国ー新疆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<結婚式だ | ホーム | 出発ヨ~イ!>>

コメント

タクラマカン、今でも風に砂が舞い上がれば、今でも魔物が現れそうです。
 交通手段が増えても、砂漠であるという事実は消えず、油断はできないところですよね!
 
  1. 2011/02/04(金) 02:48:22 |
  2. URL |
  3. miriyun #X.Av9vec
  4. [ 編集 ]

はい、サハラやナミブとも違った顔のあるタクラマカンです。 ヒトでは制し得ないものが多くある事でしょうね。 それが底知れない魅力でもあります。
  1. 2011/02/04(金) 09:13:02 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

アスワンからアブシンベルまで砂漠の中をバスで行きました。
11月末だというのに 遠くに蜃気楼が見えました。
昔、キャラバンの人たちは暑さや疲れ、渇きなどで 蜃気楼が何に見えただろうかと思いました。
アラビアンナイトの話は こういうところでできた?みょうになっとく
  1. 2011/02/05(土) 20:35:06 |
  2. URL |
  3. ニャロメママ #-
  4. [ 編集 ]

私はエジプト南部には行ってませんが、スーダンの国境近くまで砂漠でしょうね。
日本には無い地帯、昔から様々な空想の物語が生まれたのだと思います。
  1. 2011/02/05(土) 21:50:16 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotaro605.blog57.fc2.com/tb.php/682-40fdb7a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (52)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (77)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (7)
中国ー大同 (23)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (198)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード