旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

共に写真を

繝医Ν繧ウ莉・458_convert_20110111163820
ウズベキスタンの町を歩いていると 時々声が掛かる。
「一緒に写真撮ってもらえませんか?」と。  自分達を撮って欲しいとは
いろんな国でよく言われるが 私たちと一緒に と言うのはそれほど無い。
これはサマルカンドで 声を掛けられ、一緒に撮ったあと 更に彼らだけ撮らせて貰った。
田舎から出てきて外国人が珍しいので ウズベクの人たちはよく 一緒にと
言うようだ。 若いお母さんはピカピカサテンの美しいワンピースを着ていた。
子供たちも とても可愛くて大人しい感じだった。
まぁ、一緒に写真を撮っても すぐに渡せるワケもないので モニターを見てもらって
ああ、写ってる~!と喜んでくれるのが精一杯なのだが。
それが分かっていても なお一緒にと言ってくれる素朴な人々。
ウズベクでは よくこんな風景に出会った。
彼らが自分のカメラを持つようになるのは いつごろかなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2011/01/11(火) 16:49:55|
  2. ウズベキスタン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<ジャイサル 空から | ホーム | 待ち時間>>

コメント

私も言われました。
子供たちのくるくるの目 可愛いですね。
日本語が達者だった現地ガイドさんも 子供も頃はこんなに愛らしかったんでしょう。

  1. 2011/01/13(木) 17:00:34 |
  2. URL |
  3. ニャロメママ #-
  4. [ 編集 ]

にこにこして自分たちから撮ってほしいといわれるとは・・・写真を完全に避けていた時と時代が変わったものですねえ。
 お母さんや子供たちは屈託のない顔が生き生きしていてとてもいいですね。
  1. 2011/01/13(木) 23:30:23 |
  2. URL |
  3. miriyun #X.Av9vec
  4. [ 編集 ]

ニャロメママさん
あの国は まだまだ本当の意味で素朴ですね。 とても素敵でした。 現地の方たちと撮った写真 いっぱいです。(笑)

miriyunさん
観光客が増えたのが原因でしょうか。
でも あの国では写真禁止の場所がまだけっこう多くて 驚きました。
住んでる人たちはみんな いい表情です。
  1. 2011/01/14(金) 09:12:26 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotaro605.blog57.fc2.com/tb.php/659-be794e3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (52)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (75)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (7)
中国ー大同 (23)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (198)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード