旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

青い杏子

繝医Ν繧ウ莉・467_convert_20101206184153
ウズベキスタンのいろんな所で 青い杏子を売っていた。
どう見ても渋そうだ。  これはどうして食べるんだろう…現地のガイドに
聞くと 食べると言うよりクスリなんだと言う。
便秘のとき、これを食べると治ると。 そうだったんだ、ヘタなクスリを飲むより
天然ものだし 害もなさそうだ。   昔、うちの祖母が言っていたのは 本当かなぁ。
青い梅は便秘に効くとか、ふうんと聞いていたけど なんか通じるものがあるようだ。
サマルカンドの市場の野菜コーナーは 新鮮野菜が元気に並んでいた。
ハーブをたくさん使うのにも驚いた。 食卓に ハーブが大皿に盛られて そのまま
食べるようになっていて、これは??と馴染みの薄いものもあった。
特にたくさんあったのが フェンネル。 独特の香りと味が 今も思い出される。
青い杏子の風景も あの国の忘れられない一こま。
スポンサーサイト

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2010/12/06(月) 18:55:54|
  2. ウズベキスタン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<果物天国 | ホーム | クトゥブの細密>>

コメント

なるほど、薬ですか!
この青さではさすがにフルーツにはならないですね。
最近それぞれの植物には何かしらの薬としての役割があるのかしらと思うようになりました。 過去からの人々の知恵と勇気と経験に学ぶことが多いです。
  1. 2010/12/11(土) 11:20:52 |
  2. URL |
  3. miriyun #X.Av9vec
  4. [ 編集 ]

miriyunさん
はじめ、料理の材料かと思いました。(笑)
漢方を初め、動植物には化学薬品の成分と同じものが含まれている事も多いですからね~。  カンゾウ(甘草)→グリチルリチン酸のように…。 古来から経験によって人は少しずつ確認して行ったのでしょうね。
  1. 2010/12/11(土) 13:03:40 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotaro605.blog57.fc2.com/tb.php/625-5f172b19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (50)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (68)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (7)
中国ー大同 (2)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (198)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード