旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

国民的な

繝医Ν繧ウ莉・250_convert_20101202100752
国民的な 料理ではなく、ハナシはお皿の事だ。(笑)
ちなみに料理は マントウ風な 中にひき肉などが入った蒸し物でとても美味しい。
テーブルに出て すぐに皆の手が伸びるので急いで撮って ボケ気味で…。
ウズベクに行く前に ガイドブックでよく見かけた食器がこれで、面白い図柄だと
思っていた。  それが、現地ではどの町に行っても 出る食器はこれで 最初は
ああ、これだな!と思ったが 徐々にまたコレ??になった。
美しい食器があんなに生産されている土地なのに、こればかりが主流って・・・
量産してて安いのか、特産の綿花の模様だよ と アピール性があるのか、どんな料理にも
映えるのか…。 外国に行くと、翻って日本はどーか などと考える事も多いが
食器王国の日本では 外国人にどのような器で出しているのか…気になるなぁ。
独特の 手に馴染む深い形の食器には 驚かれることだろう。
手に持って使うご飯茶碗にもネ。  ともかく、あり過ぎてちょっと飽きたこの皿類だった。
スポンサーサイト

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2010/12/02(木) 10:24:18|
  2. ウズベキスタン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<墓石職人 | ホーム | 旧市街の街角で>>

コメント

霧のまちさん、こんにちは。

ペルシアンブルーとかブルーモスクなんて言いますから中東から中央アジアに掛けては青色が好まれるのかもしれませんね。

それから日本の食器文化ですが世界でも有数の質と量があると思っています。陶器と磁器がありますし、長い歴史と豊かな食文化、四季のうつろい・・・など世界に誇れる文化だと思います。陶器市などへいくと外国の人が多いのもその証拠のひとつだと思います。
  1. 2010/12/03(金) 05:34:20 |
  2. URL |
  3. SUZY #-
  4. [ 編集 ]

はい、とかく海外では平皿が多いですが、日本では千差万別。 絵柄は季節を表していますしね。  海外に行くと 日本が見えると言いますが、まさにその通りで 季節感、繊細さなど 素晴らしいですね。
  1. 2010/12/03(金) 10:10:20 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotaro605.blog57.fc2.com/tb.php/621-3fc3c3d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (50)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (68)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (7)
中国ー大同 (3)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (198)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード