旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

モスクの柱

繝医Ν繧ウ_0009_convert_20101125110145
カシュガルにある アパクホージャ(イスラム指導者の墓)の建物の裏手にある
モスクには 他のモスク同様、ポプラ製の柱が何本も建っている。
古いものだけに ひび割れや色あせは出ているが すべての柱にいろいろな
模様が彫られている。 これも新しい時には さぞ美しかっただろうなと思わせる
彩色がなされている。 イスラムの建築には偶像を禁止した幾何学模様が主なのだが
新疆のモスクには こうした植物文様がたくさんある。
枯れた色が美しいなぁ…。  庭に出て立ってみると…アパクホージャの塀の向こうは
ポプラの群生と、なんと砂の地帯だった。
本来なら タクラマカンの砂漠の地。 人はどんどんと町を広げて オアシス都市を
創り上げた。  砂漠と町がせめぎ合うところ、そう 一歩踏み出すと いとも簡単に
砂の場に替わるのだ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2010/11/25(木) 11:03:07|
  2. 中国ー新疆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ひまわり油 | ホーム | せいろ作り>>

コメント

美しい彩色です。
砂漠の地にこのような青が人々の目にどのように映るのか、
想像に難くないですね。
いつ頃のものなのでしょう。
浅浮き彫りがとても丁寧仕上げられています。
  1. 2010/11/26(金) 08:02:26 |
  2. URL |
  3. miriyun #X.Av9vec
  4. [ 編集 ]

もうかなり古いのでしょう。乾燥した土地ですからこう言った外気に触れるものも長持ちしますね。
南の地域の植物かなと感じられますが これは何をかたどったものでしょうね。
ポプラの柱、本当に美しく 興味深いものでした。
  1. 2010/11/26(金) 10:09:27 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotaro605.blog57.fc2.com/tb.php/614-26b8e247
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (52)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (77)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (7)
中国ー大同 (23)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (198)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード