旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

中国タペストリー

繧ソ繝・002_convert_20101115095620
繧ソ繝・008_convert_20101115095745
下の写真の一部を拡大したのが 上の丸部分だ。 全体の大きさは120×76cm。
1992年に初めて北京に行った時、八達嶺の土産屋で購入。
全体を見ると大変立派なものに見えるのだが、技法としては全く幼稚な作りで
針目もザクザクだし、はぎ目は合ってないし、生地の質はバラバラだ。
裏は全く違ったパッチワークだが、不ぞろいが特に目立つ。 中にはワタの代わりに紙が
入っているようで ゴワッと紙の音がする。 それにしても中国の吉祥図柄は ヘビと蛙?
裏は…ヘビだらけなのだ。 ヘビにワタが入って超リアルで、何ともオドロキのタペ。
どの地域で作ったものか不明だが、当時の中国はまだ物資も少なく あり合わせを懸命に
形作ったのだろう。 色使い、柄、手法、私たちの考えも及ばない面白い品だ。
時代や国民性など 18年を経た今見ると捨てがたい魅力が一杯で、宝物だ。
スポンサーサイト

テーマ:異文化を楽しむ! - ジャンル:海外情報

  1. 2010/11/15(月) 10:02:42|
  2. 中国ー北京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<殻付きアーモンド | ホーム | ジョドプールのホテル>>

コメント

変わったタペストリーですね。中国の発展のようすはお土産物にも変化を見せてくれろと思います。今、八達嶺に行ったらどんなお土産があるんでしょうか。これは宝物ですよ。大事にしてください。
  1. 2010/11/15(月) 17:14:47 |
  2. URL |
  3. ニャロメママ #-
  4. [ 編集 ]

当時はまだお金も 国内と外国人は別でしたし、町の様子も人々の暮らしも 一昔前のものでした。 今でしたら相当違った風景でしょうね~。
  1. 2010/11/15(月) 19:41:10 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotaro605.blog57.fc2.com/tb.php/604-80ebafbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (50)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (68)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (7)
中国ー大同 (3)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (198)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード