旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

修復

IMG_0004_convert_20100830104424.jpg
シッキムで泊まった宿は完成間近のホテルだった。
全くの田舎で、山と畑と少しの民家しかない場所。そこに小さなホテルが
建ちかけて、我々の部屋より上の階はまだ工具や建材が散らばっていた。
ホテルを出ても山道しか無く…やっと見つけた小さなゴンパに立ち寄ってみた。
村のゴンパは古くて、ペンキの匂いがすると思ったら修復中で 神様たちは脇の土間に
避難させられていた。    チベット仏教の寺はカラフルだ。
お馴染みの原色が職人の手で塗り替えられている。薄暗い中で そこだけ浮き立って
輝く。 チベットやヒマラヤなど過酷な地域に根付いているこの宗教の寺は原色使い。
色の乏しい地帯だからこそ、色も命なのだ。
小雨に煙っていた山のゴンパ、こぎれいになって信仰を保ち続けているだろうなぁ。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2010/08/30(月) 11:11:24|
  2. インド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<カイロのパン売り | ホーム | 事故を見る人>>

コメント

ゴンパと極彩色の曼荼羅(タンカ)は対のようにでてくる言葉ですね。いい写真です。
  1. 2010/08/30(月) 16:22:51 |
  2. URL |
  3. ふうてんの旅人 #-
  4. [ 編集 ]

日本と全く同じ山の中の村ですが・・・違いが二つ!   その1は 山々の間に見えるもっとうんと高く真っ白なヒマラヤの峰。
その2は チベット仏教の旗、タルチョやルンタと言われる祈りの布です。
ラチュンと言う村、今はどうなってるのか知りたいです。
  1. 2010/08/30(月) 21:06:32 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotaro605.blog57.fc2.com/tb.php/526-a34e1741
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (56)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (34)
中国ー北京 (117)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (8)
中国ー大同 (23)
中国ー黄土高原 (44)
中国ー江南 (22)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (110)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (129)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (84)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (38)
本 (58)
未分類 (201)
植物 (69)
CD (1)
言葉 (1)
日本発着クルーズ (30)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード