旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

朴の新緑

ほうば

大きな葉っぱが頼もしい。 新緑の若い緑がまぶしいほどだ。 岳南電車の途中だが 今の時期の
きれいな葉っぱを優先。(笑)    朴と書いて「ほう」と読む。 ほうばの葉には殺菌力もあり、何よりも
香りがいい。 生のままではなく、少し蒸すと郷愁さそう香りが・・・。  この木を調べてみると特に多いのが
岐阜県の東農地方で私の実家のある場所。 ちょうどNHKの朝ドラ「半分 青い」の舞台だ。(笑)
この葉は縦が30cm以上あって大変に大きく、日本には珍しいほどの熱帯植物並みのダイナミックさが嬉しい。
この地域では 柏餅でなく「ほう葉もち」が当たり前だった。 そして「ほう葉寿司」は ちらし寿司をこの葉に包む
もの。 今でも春にだけ道の駅などに置かれる。 葉の裏が白っぽくて 風の強い日などには遠くからでも山の
ほう葉の大きな木の存在がはっきり見える。 スーッと伸びる大木になるのだ。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2018/05/13(日) 09:45:35|
  2. 植物
  3. | コメント:2
<<シンプル車内 | ホーム | 始発の「吉原」駅>>

コメント

ホウバの木は知ってはいるけど、朴の字を書くんですね〜初めて知りました。
大きくて美しい葉ですね。
インドの人がバナナの葉に包むみたいね。
葉っぱには大抵殺菌力があるのが不思議です。
  1. 2018/05/17(木) 10:26:35 |
  2. URL |
  3. ヨナヨナ #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

まさにインドでバナナの葉を使うのと同じですね。
大きいから包んじゃえって感じですよね。
少し蒸すと本当にいい香りで これは故郷の香りそのものなんです。
  1. 2018/05/17(木) 15:59:28 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (54)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (82)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (8)
中国ー大同 (23)
中国ー黄土高原 (43)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (28)
本 (58)
未分類 (200)
植物 (64)
CD (1)
言葉 (1)
日本発着クルーズ (30)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード