旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

クルーと乾杯!

ショー

船には船長主催の歓迎パーティーが付き物。 この船は57000トンと大きくないので、客席が階段状に
なった本格的なショー会場はない。 それに相当するのが8デッキに設けられた 広めの平らなステージだ。
そこでは毎日のように様々なイベントがあり、音楽やダンスショーで賑わっている。  2日目の夜にはクルーの
紹介を兼ねて船長のあいさつがあった。 各部署のリーダーたちが正装して出演したが、多国籍ぶりに驚いた。
ヨーロッパの各国から集まった彼らはたぶん、この船専属と言う訳ではないんだろうな。 タンカーも含めて、
大きな船には その都度集められた要員たちが乗り組むと聞いた事がある。  シャンパンで乾杯~!!
日本発着で客の8割が日本人なのに、船内放送は日本語は4~5番目だった。 イタリア、フランス、英米などが
先に流された後に日本語。 これが日本船だったらどうなんだろう・・・とつい考えてしまった。


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2018/03/12(月) 09:58:53|
  2. 日本発着クルーズ
  3. | コメント:3
<<カジノルーム | ホーム | 夕陽の平和>>

コメント

十分に、大きい船。

まるでタンカーかと思えるほどに大きいのに、57000トンで大きくないとは、今どきの船はどうなっているのでしょうね。(笑)

船内を見ると、大変リッチな造りですが、乗船客は船の中は何処でも行けるのですか?
私が乗ったその昔は、船内は1等、2等と分かれていて、2等船客は1等のレストラン、プールなどの施設に来ることは出来ませんでした。
 そう、タイタニックのときと同じですね。

船内を自由に行き来出来るとなれば、今の客船の値段の違いはそれぞれのキャビンだけ、という事でしょうか。それとも、その他にも何か違いが有るのでしょうかねー?
  1. 2018/03/14(水) 08:29:49 |
  2. URL |
  3. kiya #yrHCj0EA
  4. [ 編集 ]

Kiyaさん、今は巨大な客船がどんどん造られて、22万トンなどと言うものもあります。パナマ船籍が多いです、なぜか。
船内は誰でも自由に行き来できますよ。
キャビンの差はあります。部屋に窓があるか無しか、ベランダ付きか否かなどです。
レストランは有料の所もありますが、高い部屋の客はそのまま入れます。
ですから私はいつも割り切って、窓の無い最安の部屋にしてます。
  1. 2018/03/14(水) 13:06:10 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

私の乗った船はコスタ社と言うフランクなイタリア船ですので 自由度が大きいかもです。
英国のクィーンエリザベスのようなラグジュアリーな船ですと、階級があるのかも知れません。
それなりの値段ですからとてもお呼びではありませんが。
  1. 2018/03/14(水) 16:33:05 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (54)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (82)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (8)
中国ー大同 (23)
中国ー黄土高原 (44)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (78)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (79)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (38)
本 (58)
未分類 (200)
植物 (69)
CD (1)
言葉 (1)
日本発着クルーズ (30)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード