旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

麺をつくる機械



磧口村の散策中に見かけたもの。 これは何だろう・・・と見入っていると麺を作る器具だと言う。
あ、なるほど~~! そう言えば見えて来る。 練った粉を上から圧縮して一定の太さの麺にして下に出すのだ。
貴重な木材を使って作っている。 そんな意味でも大切に使われたに違いない。 もちろん今では使ってはなく、
こうしてフラリと来る観光客が目を留めるように あれこれ置いてあるようだ。 農作業に使う、昔の日本でも
使っていた脱穀機も木製のものがあった。 山西省は中国でも有数の麺の地帯だ。 小麦以外にも様々な
穀類を工夫をこらして麺に仕立てて来た伝統がある。 それが今では麺好きの憧れの地になっている。
麺を求めて歩くバックパッカーも多い。 (そのようなブログもけっこうある)  
古い村に今でも似合ってしまうこのような機械や手作りのカゴを見ると本当にタイムスリップを感じた。


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2018/01/18(木) 11:41:03|
  2. 中国ー黄土高原
  3. | コメント:0
<<巨大なカゴ | ホーム | 葬式の家に出会う>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (54)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (82)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (8)
中国ー大同 (23)
中国ー黄土高原 (44)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (38)
本 (58)
未分類 (200)
植物 (69)
CD (1)
言葉 (1)
日本発着クルーズ (30)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード