旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

晩秋の庭先

なつ

李家山村の散策は続く。 どこの家もだいたいこのような感じで、庭先には収穫されたものが束になって
置かれていた。 中にはムシロ一枚分に綿花が干してある風景もあった。 綿花も乾燥地ならではの産物。
でも今の主役はナツメだ。 どの家にも大小のザルにいっぱいのナツメが目に入る。
この写真を見ても解るが 入れ物のザルがとてもいい。 みんな地元で手作りされているのだろう。
ザル本体から4筋に続いた持ち手がしっかり丈夫そうだしカタチもすごくいい。  何と絵になっていることか!
李家山の村は家々ももちろんだけど こういう小物や人々をもひっくるめて貴重な存在だなぁと歩きながら
考えた。 カラフルなプラ容器やカゴが全く見られなかった。 そして佳県からこの辺のナツメはふっくらとして
甘味も多く 果実としてとても優れた種類であると ここを知るブロガーの文に書かれている。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2018/01/10(水) 19:51:15|
  2. 中国ー黄土高原
  3. | コメント:2
<<新しいトイレ | ホーム | 村のナツメの木>>

コメント

ナツメの入れてある籠の傍に
籠の中に立てかけられた胡麻や稗、粟ような植物のほしたものがありますね。
実を取った後 石炭の焚き付けや 人糞と混ぜて肥料にするとか 箒にもなりそう。
この籠が傷むころには 工場生産された品物にとって変わられるんでしょうね。

  1. 2018/01/15(月) 20:19:22 |
  2. URL |
  3. ニャロメママ #-
  4. [ 編集 ]

作物の殻は焚き付けに持ってこいですね。
オンドルにも使えます。無駄なものは1つも無いですね。
籠は本当にいい味を出してますね〜。
カラフルなプラの籠になったらイヤです。
乾燥した土地だから雨に濡れてカビたりしないから長持ちしそうです。
  1. 2018/01/15(月) 20:25:56 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (54)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (82)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (8)
中国ー大同 (23)
中国ー黄土高原 (44)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (38)
本 (58)
未分類 (200)
植物 (69)
CD (1)
言葉 (1)
日本発着クルーズ (30)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード