旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

そして香炉寺



前回、遠景をUPし そしてこれは腕のような岩に立つ香炉寺そのもの。 まるで香炉のようだと その名が
付けられている。 まさにその下は黄河がゆったり流れ、佳臨黄河大橋が眺められる。
最終的にこの小さな寺院に来るまでには 町から急な坂道や階段をジグザグに降りなければならない。
途中にヤオトン式の民家などがあり そのそばを通る。  石造りの門も通り抜ける。 山西省から石炭を
運び入れるのに 西は山脈、東は黄河と・・・陸路では非常に厳しいので いっそ黄河を船で運ぶ事になった。
佳県はその港として 険しい天然の城塞に8つの門を設置し 水神としての龍を祀った。
香炉寺は 明の1583年に造られ、娘娘廟と言う女性用の神様を祀る建物も 併設されている。
巾が1mほどの石畳の通路を経て香炉寺に行くのだが 高所が苦手なヒトには厳しい寺院だなぁ~。


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/11/26(日) 09:51:58|
  2. 中国ー黄土高原
  3. | コメント:4
<<香炉寺門 | ホーム | 香炉寺遠景>>

コメント

下の写真と照らし合わせるとよぉく解りますね。
すごい所に建っていますね~。恐怖症じゃなくても恐いですよ。
人がいなさそうですが観光地でもないんですか?
見る価値のある寺院だと思います。
  1. 2017/11/28(火) 16:43:45 |
  2. URL |
  3. ヨナヨナ #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

どれくらいの観光地なのかイマイチ分からないです。笑
地味であるのは間違いないですよ。
夏場にはもう少し来るかも知れないけど。
素朴なうちに行っといて良かったです。
  1. 2017/11/29(水) 09:15:40 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

迫力ある写真ですね。
足を踏み外すと 下の黄河に真っ逆さまに落ちそう。
よくこんなところに昔の人はお寺を作ったものですね。
いくつもの断崖にはしごで登る寺や 麦積山石窟等、等・・・
ご利益の関係でもあるんですかね(笑い) 
  1. 2017/12/04(月) 09:54:58 |
  2. URL |
  3. ニャロメママ #-
  4. [ 編集 ]

本当に中国は 険しい場所に建立しますよね。
お陰で観光地になるのでしょうけど 行く人は
おっかなびっくり。
建てる苦労には頭があがりませんね。
  1. 2017/12/04(月) 18:54:38 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (54)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (82)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (8)
中国ー大同 (23)
中国ー黄土高原 (44)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (78)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (79)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (38)
本 (58)
未分類 (200)
植物 (69)
CD (1)
言葉 (1)
日本発着クルーズ (30)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード