旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

壁一面のメニュー



陝西省の佳県と言う町は楡林市に属し、黄河のほとりの小さな町だ。 今回の旅でのカテゴリは
「黄土高原」とまとめる事にした。 さて、昼頃に佳県に着いた私たちは昼ごはんの場所を探す。 ガイドもここには
来た事がないので諸事情を全然知らない。(笑)  一軒入ってみて首をひねりながら出て来たので その店は
どうも気に入らないようだ。 その並びにあったのが6階建てほどのホテルで ここならと入った。
玄関よこの大きな壁いっぱいに料理の数々がプリントされている。 中国にはけっこう多いパターンで 太原の
ホテルの食堂もそうだった。 しばらく眺める。 日本のような小さな国ではないし、昔よりも流通は良くなったとは
言え、何でもOKではない。 その土地で採れる物を最大限に工夫し、質を高めて来たのが中華だ。
名前を見ても不明だが、形や調理法に一生懸命さが感じられる。  以後 ここを何度も利用することになる。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/11/20(月) 13:11:43|
  2. 中国ー黄土高原
  3. | コメント:2
<<ロンガン売りのおじさん | ホーム | 黄土の現実は>>

コメント

なんだかちっともわかりませんが
写真見てると面白いです。
馬の蹄の何とか(形似てます) 一面之緑(一面の白だよね)とか
葱花餅(お好み焼きみたい)
こんなにたくさんの料理を作り分けるだけでも恐れ入ります。
  1. 2017/11/20(月) 19:51:57 |
  2. URL |
  3. ニャロメママ #-
  4. [ 編集 ]

ほとんどが地元で採れるものでの調理ですね。
魚も黄河か養殖物のコイしか無いようです。
たいていが野菜や穀物を利用したメニューでよく
考えられているなぁと感激します。
そう思うと、日本の料理は割に決まっていますね。
  1. 2017/11/20(月) 21:44:23 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (54)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (82)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (8)
中国ー大同 (23)
中国ー黄土高原 (44)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (78)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (79)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (38)
本 (58)
未分類 (200)
植物 (69)
CD (1)
言葉 (1)
日本発着クルーズ (30)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード