旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

豊かな食の為の

ざっか

友人と胡同をあちこちしていると 突然こんな店に出会った。 そう、胡同は外側はみんな同じような灰色の
レンガに囲まれているので いきなり感が強い。 プーンと何かの香辛料の香りもする。
壁や天井にはコーンやひょうたんなどが 飾るように吊ってあってとても素敵な店だ。  清潔だし。
やっぱり中国の料理には秘伝の調味料や香辛料がどっさりとある。  割に朝早い時間なのだが だからこそ
こういった店がちゃんと早くから開いているんだなぁ。  観光客などは滅多に来ない店だろうから 中国語
オンリーの表示だ。 中央右の壺にはいったい何が入っているのだろう。 妖しくも興味深い一品だなぁ。
中国は広いので地方により、調味料がゴマンとあるだろうけど、北京のこの店にはやはり北方の風味が主流
かと思う。 主食にしても粉ものばかりだ。 米製の麺などはあまり見えない。じっくり見たい楽しい店だった。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/10/30(月) 16:41:24|
  2. 中国ー北京
  3. | コメント:2
<<黄河のほとりの村 | ホーム | 空港の礼拝所>>

コメント

こんなにたくさんの調味料で
昔の皇帝たちは 毎日趣向凝らした料理を
料理人たちに作らせていたんですね。
写真は 店のほんの一部分でしょ。
片っ端から何に使いどんな味になるのか聞けたら楽しそう。
料理の名前聞いたってわからないですけど。
  1. 2017/11/09(木) 17:05:54 |
  2. URL |
  3. ニャロメママ #-
  4. [ 編集 ]

中国の料理はインドやパキスタンみたいに
香辛料が際立っていない気がしますが、いやいや かなり昔から独特のものがあったんですね~。  上手く使い分けて宮廷料理から庶民まで材料をフルに使って工夫がされたのですね。
  1. 2017/11/09(木) 20:32:57 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (54)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (82)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (8)
中国ー大同 (23)
中国ー黄土高原 (44)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (38)
本 (58)
未分類 (200)
植物 (69)
CD (1)
言葉 (1)
日本発着クルーズ (30)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード