旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

見つけたヤオトン

あな

大同の街から懸空寺に向かう途中で ヤオトン住居を見つけたのでクルマをストップしてもらった。
ヤオトンは 黄土高原独特の住いでカマボコ型の穴を掘ってそこを住まいにする。 黄土高原は広くて日本の
面積の2倍以上あると言う。 陝西省・山西省に広く跨っている。 この大同も山西省の北の端なので そんな
地形がある。 路肩にクルマを止めてこの坂道を登ると やはり住まいだった。 けっこう暑い日なのに
この中に入るとスッと涼しい。 おじいさんが一人で住んでいた。  ここは規模が小さいがまるでマンションの
ように多くの穴を持ったヤオトンもあるようだ。 自由な大きさの穴を掘っていいかと言えば それには規制が
あると言う。 リービ英雄の「延安」と言う本を読んだがヤオトンで暮らす農民や付近の住民の話が淡々と
書かれていて非常に興味深かった。 さぁ、この穴の中はどんなだったか、次回にUPしようと思う。
スポンサーサイト
  1. 2017/09/10(日) 20:23:02|
  2. 中国ー大同
  3. | コメント:2
<<ヤオトンでの暮らし | ホーム | 占いオジサン>>

コメント

ヤオトン 黄土高原では手っ取り早い住居なんでしょうね。
木も無さそうだし 硬い大理石無さそうですから。
土の壁を掘れば 暖かくて涼しい。 
  1. 2017/09/19(火) 17:26:22 |
  2. URL |
  3. ニャロメママ #-
  4. [ 編集 ]

一歩入れば その涼しさが分ってびっくり。
冬はさぞ暖かいのだろうと思いますよ。
広大な黄土高原、住まいや作物造りにも多くの工夫が要りますよね。 昔からの知恵がずっと生きているんでしょうね。
  1. 2017/09/19(火) 19:31:11 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (50)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (68)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (7)
中国ー大同 (20)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (198)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード