旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

堂々の城壁

へき

平遥を訪れたからには 素晴らしい城壁をUPしない訳にはいかない。 周囲は約6km。 上を歩ける。
この分厚さ、頑丈さ。  遠く 明の時代に建造されたもの。 97年に世界遺産となった。中国の大抵の
都市はこうした城壁に守られているが、完全な形で残るのは この平遥古城だけだと言う。
北京などの胡同などに使う煉瓦は灰色だが ここは黄土高原の真っただ中で 黄土色がかった煉瓦だそうだ。
小さな煉瓦を気の遠くなるほど積み上げて建設された強固な城壁には 敵の侵入を許さない、そして自分の街の
アイデンティティを守り抜く気合いに満ちている。 古城に入る門は全部で6か所、これは北門で拱極門と呼ばれる。
日本のように海と言う自然要塞の無い広い陸地にはこうした城壁が必須だった。中国だけでなく ヨーロッパの
国々にも多くの有名な城壁がある。 それが今の世では観光の目玉や遺産になるって・・・不思議なものだ。
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2017/07/26(水) 16:06:46|
  2. 中国ー平遥
  3. | コメント:2
<<太原の街 | ホーム | 小さなクツ>>

コメント

これは凄いですね。頑丈過ぎる〜〜
やっぱり万里を作る民だから壁を作るのには長けていますね。
敵から守るのは大仕事なんですね。
何よりも優先にしないといけない……
  1. 2017/07/29(土) 08:37:21 |
  2. URL |
  3. ヨナヨナ #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

本当にそうです。 敵から身を守るのは
最大の任務だと よく解りますね。
しかし、あの万里は結局役立ったのでしょうか。(笑)
西の方の万里は乗り越えるのが簡単そうですが。 埋まったのかな・・・。
  1. 2017/07/30(日) 07:57:53 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (56)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (34)
中国ー北京 (117)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (8)
中国ー大同 (23)
中国ー黄土高原 (44)
中国ー江南 (22)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (110)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (129)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (84)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (38)
本 (58)
未分類 (201)
植物 (69)
CD (1)
言葉 (1)
日本発着クルーズ (30)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード