旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

平遥スタイル

邸宅

山西省の平遥は明の時代に築かれた城壁の街。 中国にはこうした城壁都市がたくさんあるが、完全な形で
残るのは平遥だけと言う。  周囲6kmの四角形の強固な城壁が巡らせてある。 実際に歩いてみると その
広さは相当なもので 地面はすり減ってつるつるになった石畳。 なので足が疲れる。  おまけに大変暑い日で
終わり頃にはヘロヘロになった。  山西商人が財を成して立派な家屋敷や中国初めての銀行の制度を
作った。 北京などの町場と北方のモンゴル地域との中継ぎとして大いに栄えた。
中庭の付いた四合院スタイルの立派な家が当時の繁栄ぶりを表している。  今ではホテルや茶館になったり
するが建物を見ると隅々まで手をかけた細工がとても美しい。  赤い提灯が一段とふんいきを盛り上げる。
黄土高原の痩せた土地の利用が芳しくなく、商売に力を注いだのは見事な英断だったと言える。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/07/03(月) 08:59:15|
  2. 中国ー平遥
  3. | コメント:2
<<特産品の店 | ホーム | 富士山はエラい>>

コメント

平遥に行かれたんですね。実は行きたい場所でした。
私は最近台湾に短い旅をしてきました。
果物いっぱいでマンゴーやライチを食べてきましたよー。
  1. 2017/07/03(月) 21:34:13 |
  2. URL |
  3. kiroro6 #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

平遥はけっこう暑くて行かれるなら晩秋をお勧めします。台湾に行かれてたんですね。美味しい果物満載でしょうね。
かき氷もね。あそこは食べ物には事欠きません。
  1. 2017/07/04(火) 07:18:46 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (54)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (80)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (8)
中国ー大同 (23)
中国ー黄土高原 (5)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (199)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード