旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

魚面

さかなめん

張掖の名物に魚麺があると 行く前に読んだ。 魚が使ってある訳ではなく 麺が小さく小魚に似ているからだ。
小さくちぎって板の上でクルリと滑らせ、4cmほどのつるんとした麺に仕上げる。かなり手が掛かる。
この写真の手前のもの。 人参やほうれん草などで天然の色を付けている。 左上のドロリとしたタレを
かけて食べる。 中国での名前を「搓魚子」と呼ぶ。「搓」とはツルリとこするの意味だ。 タレも激辛じゃないので 
とても美味しく食べられる。 張掖では河西回廊では唯一、コメの生産もあるそうだが 中国の北半分は小麦粉圏。
 麺料理もいろいろ工夫されている。 麺→面・・・簡体文字ですべて面の字が表示してある。 意味をなさないが、
意味よりも簡便さを優先したあの国だ。長い麺料理とは全く食感が違ってすする感じではなくなる。 私たちには
一杯でも多かったが、中国の人はおかわりしていた。本当によく食べる。 張掖に着いて最初に食べた昼ご飯だ。


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/01/22(日) 09:01:16|
  2. 中国ー張掖
  3. | コメント:2
<<看板にガックリ | ホーム | ソーラー・マニ>>

コメント

おお、これは珍しい麺。
トリコロールだし、見た目はイタリアのパスタにそっくり。ミートソースをかけるところも同じですね。
最近中国には足が向きませんが、食事には苦労しない所ですね。
  1. 2017/01/23(月) 10:07:55 |
  2. URL |
  3. Lunta #iSlGiXh2
  4. [ 編集 ]

そうですね、何かイタリアンっぽいです。
いろいろ考えますよね~。 こういう麺の存在をこの旅で初めて知りました。 中国はやっぱり食に関しては奥が深くて 気取っていなくていいです。
  1. 2017/01/23(月) 16:17:46 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (52)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (77)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (7)
中国ー大同 (23)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (198)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード