旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

着いた、張掖に

ちょうえきの駅

高速鉄道のために作られた駅、「張掖西駅」だ。 張掖は あまり知られていない場所かも知れない。
甘粛省の地図で最も巾の狭い地域で南は祁連山脈、北はゴビの広がる内モンゴルに接する。 張掖は「もう西域に
入った」の意味で 人口127万人、かつてマルコポーロも一年住み、「東方見聞録」にも記述があるそうだ。 昔から
豊かなオアシス都市で「金の張掖」と呼ばれて来た。 一年の降水量は何と89ミリ! 砂漠並みだ。
車内で見えていた雪はさすがに町にはなく、しかし空気はピリッと冷たい。 この町も多民族が住み、宗教もいろいろ。
重そうな石造りの駅はここも巨大だ。 中国の駅舎は 切符を持った人しか入れず、グルリと柵が巡らせてある。
X線の手荷物検査と身分証明を提示してゲートから入るようになっている。  さあ、この町で何に出会えるのか、どんな
風景に心を奪われるのか、シルクロードの濃度はどれくらいあるのか、歩いてみよう~!

スポンサーサイト
  1. 2017/01/07(土) 09:21:14|
  2. 世界の駅・ホーム
  3. | コメント:2
<<列車チケット | ホーム | トンネルを出ると>>

コメント

駅は 日本の新幹線の駅よりずっと重々しく
感じられますが 街の中はどんななんでしょうか?
古い貧しい昔の中国はもうないんでしょうか・・・・
  1. 2017/01/10(火) 21:41:19 |
  2. URL |
  3. ニャロメママ #-
  4. [ 編集 ]

なかなか街の中をゆっくり歩けなかったので、詳しく分かりませんが、どうなんでしょうね。
イスラム色はやはり濃くなり、ナンやケバブも普通に食べられますね。
  1. 2017/01/12(木) 12:00:31 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (49)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (66)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (197)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード