旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

乾燥の回廊

窓から

前回も書いたが、蘭州ー西寧を過ぎる頃まで ずっと山の地帯を走るのでトンネルばっかりだ。
西寧は大きな駅で チベット鉄道への主要駅だが 今回の電車はそこすらも通過する。 何しろ張掖までノンストップ。
トンネルの間の車窓からは晩秋の茶色の風景だ。 ここは西寧を過ぎた辺りか、畑も収穫を終え、土の色だ。
山々も緑に覆われてはいなく、乾燥地の風景。 岩山のような色と植林されてもあまり育たないまるで草ぼうぼうの
妙な山が続く。 日本のような青々とした山は全くない。 そして黄河の茶色も。 地下水の豊富な土地らしく果樹や
西瓜類、ヒマワリなども夏場はよく穫れるそうだ。 巨大な祁連山脈をほぼ斜めに突っ切るので いつまで?と言う
くらいの長いトンネルもある。 この高速鉄道を通すに当たり、新駅も作られた。 パーッと素通りする大きくて新しい
ホームが少し寒々しい。 時々 タマリスクが列になって植わっている。  さすがに乾燥地!
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/12/28(水) 09:20:04|
  2. 中国ー蘭州
  3. | コメント:4
<<トンネルを出ると | ホーム | 車窓からモスク>>

コメント

昨日、一昨日と弟の嫁と会う機会があり
シルクロードの本を読んでいるらしく
雄大な景色、人々の暮らし、歴史の重み、・・・
色々なことがわかるにつれ
行ってみたいという思いに駆られているようです。
海外には何度か言っている彼女ですが
こんな景色を見たら感動することでしょう
  1. 2017/01/06(金) 15:35:12 |
  2. URL |
  3. ニャロメママ #-
  4. [ 編集 ]

シルクロードに関しては本当に皆さんが興味を持って読んだり出かけたりですね。
今回の河西回廊は新疆へのまさに入り口。
いろんな人や物が通ったり、マルコポーロまで来ましたもんね。
  1. 2017/01/06(金) 19:42:01 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

マルコポーロって言えば
私が読んだ本に マルコポーロが書いた東方見聞録は 父親や叔父さんたちが中国まで旅した話を 自分が旅したように書いたとか?
史記を書き残す国で それらしき人が出てこないのは疑問が残る。
というようなものがありました。
何冊かの本を読んだだけでもこんなくだりを読むと また別なものも読みたくなります。
  1. 2017/01/10(火) 21:29:34 |
  2. URL |
  3. ニャロメママ #-
  4. [ 編集 ]

え!そうなんですか!
自分で旅してないのですか?
ニャロメさんはその場所にちなんだ本をいつも読まれていますね〜。
本当だとしたら考えなきゃいけないですね。
  1. 2017/01/12(木) 12:07:48 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (54)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (80)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (8)
中国ー大同 (23)
中国ー黄土高原 (6)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (199)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード