旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

美しい仏像たち

仏1

炳霊寺石窟には巨大な岩場のあちこちに こういった仏が彫られている。 中には どうやって彫ったのか 見上げる
ほどの高さにも彫ってあり、ジグザグの階段が設けてあるが 今は登れず、想像するしかない。
風雨に晒されて 一部が欠けたものや色が抜けたものが多いが、返って年代を感じさせて素朴な感動を覚える。
この画像のように青や緑の色が残っている箇所もあって 当時の天然顔料の確かさに驚く。
周から唐と言ったとんでもない頃の作品を 現代の私たちが見るなど 当時は想像もしなかっただろうが、不思議な
空気が流れている。 これは穴の幅が2mくらいの中に彫ってあるが このような物が幾つも幾つもある。
天井や周りに描かれた花や木々は極楽世界を表しているのだろう。 とても美しい。 遠いインドで興った仏教の形が
広まるにはすべて人の足と思いが掛かっている。 凄い岩山風景の中だからこそ、よけいに思いが伝わる。
スポンサーサイト
  1. 2016/12/02(金) 10:11:36|
  2. 中国ー蘭州
  3. | コメント:2
<<大仏の横顔 | ホーム | 巨大な岩に沿う>>

コメント

三月にアジャンターの洞窟に行ってきました。
壁や天井の絵画に
この仏像の後ろに描かれた灰緑色のような顔料で描かれたと思われる部分をたくさん見かけました。
アジャンターは洞窟が深くて暗いようななかに描かれていましたが
この仏像は明るいところにあるようですね。
風雨にも晒される・・・・
光で退色されることもなく 長ーい間
綺麗に残る顔料驚きです。
  1. 2016/12/02(金) 19:19:52 |
  2. URL |
  3. ニャロメママ #-
  4. [ 編集 ]

インドの洞窟、私はまだ見てませんが 独特の美しい物でしょうね。 町の中の寺院の仏像と比べて やはりこういう場所では感動も大きいですね~。 
素朴な姿だからこそ受ける感慨が深いと感じました。 ホント素晴らしいです。
  1. 2016/12/02(金) 19:44:59 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (50)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (68)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (7)
中国ー大同 (3)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (198)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード