旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

巨大な岩に沿う

てら1

黄河に注ぐ川沿いの道を進む。 画面の奥に見える橋を渡って右側に回り込み 帰ってくるルートになっている。
周~唐の時代のものだと言われるそうで 古いものは3千年も前の像たちが 左側の崖に彫られている。
雨や風の害から守る為に 最近になって木の扉が付けてある。 世界遺産になったのでその配慮も必要なの
だろう。 見上げるような高さの岩肌に穴を穿ち、仏像も一体型で彫ってある。 中には南方の椰子の木がバックに
描かれた窟もある。 15cmくらいの小さな像から数メートルの大きさまで様々だ。 右下の川は冬季の今は枯れ
て、流れの跡だけが残る。 夏場にはちゃんと黄河に注ぐ川となる。 中国にはこうした大きな岩場の石窟が非常に
多い。 どんな思いで彫ったのだろう・・・。後世に残るのは やはり宗教関連の遺物が圧倒的だ。
人々がそれだけ「祈り」と真摯に向き合って来た証しだなぁ。
スポンサーサイト
  1. 2016/11/29(火) 09:36:17|
  2. 中国ー蘭州
  3. | コメント:4
<<美しい仏像たち | ホーム | 『ツバキ文具店』>>

コメント

すごい岩場ですね。 世界遺産になるといろんな制約があるようですね。 この新しい窓も必要だったんですね。 ふ~ん
本当は無いほうがいいですが仕方ないでしょうね。
  1. 2016/11/30(水) 21:09:36 |
  2. URL |
  3. kiroro6 #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

はい、確かに窓はちょっと違和感がありますが、守るためにはしょうがないですね。
仏像よりも 辺りの地形に感動してしまいました。
日本にはないですから。
  1. 2016/12/01(木) 08:51:53 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

お釈迦様がインドで生まれたのが
紀元前5世紀頃ですか?
その教えが伝わって
こんな岩だらけの山の中まで石窟を彫る場所を探し求める。
むかしの人が生きることの大変さから救われたいと思う気持ちの大きさに圧倒されますね。
  1. 2016/12/01(木) 22:04:17 |
  2. URL |
  3. ニャロメママ #-
  4. [ 編集 ]

古今東西、生きる事の大変さから 信じる対象を得たかったのでしょうね~。
今はダムが出来てこんな風景になりましたが 昔はもっと高い絶壁だったのかも知れません。
凄い風景に圧倒されました。
  1. 2016/12/02(金) 09:18:45 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (50)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (68)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (7)
中国ー大同 (3)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (198)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード