旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

「さよならは小さい声で」

51mSn+Xp1ML__SX339_BO1,204,203,200_
現在は クックパッドに行かれたが 少し前まで「暮らしの手帖」の社長をされていた松浦氏の本。
暮らしの手帖は 私は特に愛読していないのだが、その独特な編集方針などは昔からなんとなく聞いてきた。
18歳と若くしてアメリカに単身渡って英語もできずお金も多く持っていなくて苦労されたそうだ。
でも とても優れた感性をお持ちだったようで 向こうで出会った人々や何気ない時間を 今では宝物の
ように思い出として蓄積されている。 同じカフェに何日も通うとオーナーにも常連にも顔を覚えてもらえると
いつもそうしていて、エリザベスと言うおばあちゃんにそこで出会った話はいい。 いつも彼女は手紙を書いて
いて松浦氏とも手紙のやり取りをするようになった。 桐嶋洋子氏の手紙の話も出てくる。 今こそ 手紙を
書く優しい時間を持ちたいと氏は言われる。ていねいに生きるとはどんな事か この本にはいろいろ教わる。

スポンサーサイト
  1. 2015/07/24(金) 16:34:00|
  2. | コメント:0
<<ガーネットを拾う | ホーム | 非難タワー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (50)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (68)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (7)
中国ー大同 (2)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (198)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード