旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

非難タワー

タワー
海まで6~700m、歩いても10分以内だ。 おまけにこの辺りは全くの平らな土地で 起伏がない。
大きな津波が来ても 「高い所」に逃げられない。  そこで この地区に何か所も津波避難タワーが造られた。
半年以上かかったこのタワーが、やっと完工になった。 本当に威力のある津波が来たら・・・果たしてこれが
有効なのか誰にも分からない。 想定外が起きてしまうかも知れない。 この辺は海岸に近いので 地盤が
基本的に砂地で、つまり歯止めが効く地質ではないのだ。 もちろんその辺は考慮の上だろうけど 根こそぎ
持って行かれたらすべてはアウト。 一度造ってしまえばOKでもなく 何年に一回はメンテも必要だ。
決して 万端に安全とは言えないが ま、取りあえずうちからタワーには近いし、一つの「よるべ」となった。
これから この地区の海には 高さが10mの防波堤が造られる。 日本には外国のように強固な城壁はなか
ったが 自然災害に立ち向かうべく「城壁」で今後は囲われることになるなぁ。
スポンサーサイト
  1. 2015/07/18(土) 10:49:11|
  2. 未分類
  3. | コメント:4
<<「さよならは小さい声で」 | ホーム | タニワタリの新芽>>

コメント

そこは日本の建築技術を信用するしかないですよね~~。液状化現象にも対応した造りになってると思いますし・・・

「津波てんでんこ」という言葉を思い出しました。
霧のまちさんもぜひこの高台に津波てんでんこの精神で!

chempakaでした!
  1. 2015/07/22(水) 23:50:57 |
  2. URL |
  3. Chempaka #-
  4. [ 編集 ]

はい、信用するしかないですね~。
でも、こういう物が出来るとやっぱり急にリアルになりますね。
いざ!と言う時の状況が想定されて・・・。
もうすぐ海上花火大会なんですが 市は、この上から観るのを勧めています。(笑)
  1. 2015/07/23(木) 10:58:21 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

3.11が凄かったので気休めに見えます。
これで大丈夫ですかねー。
凄い津波が来て みんなで一斉にそこにかけ上るときには 将棋倒しにならないようにご注意ください。
霧のまちさんの近くに このようなものができたのであれば
日本の海岸にはたくさん作られていると思いますが、いざというとき 役立つものであってほしいです。
  1. 2015/07/31(金) 18:11:21 |
  2. URL |
  3. ニャロメママ #-
  4. [ 編集 ]

ホントは使われないのが一番ですが、いざとなればこれが取り敢えずの頼りですね。
すぐ近くでその点は有難いのですが。
  1. 2015/07/31(金) 20:27:05 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (48)
インド (246)
中国 (11)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (16)
中国ー蘭州 (22)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (59)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (196)
植物 (60)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード