旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

民族スカート

RIMG0084.jpg
北ベトナム、サパの日曜市場の入り口には こんな風景が。  花もん族の民族衣装がズラリとあった。
女性は普段にもこういう衣装を着ているようだが 普段着は安い?合繊のスカートだそうだ。 泊まったホテルの
売店には本格的な絹のずっしりした美しいスカートがあった。  
これらの合繊スカートは色柄こそ伝統的な感じだが どこかの大手?の工場で一括して生産されているんだろう。
上着の凝った刺繍も手仕事とは思えなかったし・・・。  幾つかの少数民族があって、特にこの花もん族は市場の
「花」であり、観光の目玉になっているから 脱ぎ捨てていきなりジーンズになる事はないが、普段の農業などの
暮らしでは相当に動きづらいのでは??と心配になる。 民族の伝統が大事か 現実を取るのか…そんな
選択肢は今はないのだろうか。  合理的第一の私たちは どうしてもそんな目で見てしまうなぁ。
スポンサーサイト
  1. 2014/12/17(水) 09:39:21|
  2. ベトナム
  3. | コメント:8
<<タニワタリ | ホーム | もち米ご飯>>

コメント

この間 ユニクロで レギンスとタンクトップを買ったんですが
中国、タイ、ベトナムで作られていました。
何年か前 小紋と長じゅばんを買った時
縫いに出す先は ベトナムだそうでびっくりしました。
高級品しか日本では縫わないそうです。
ユニクロも大手呉服店も ベトナムに行って
技術指導をし、日本の消費者にも満足のいく製品を作れるようにしているんでしょうが
このスカートのような物なら
ウエストゴムだし 丈や柄も厳しい検査などいりそうもありませんね。 
日本向けの品を作るのと違って
工場の従業員も気楽にやれそうです。
  1. 2014/12/17(水) 21:05:15 |
  2. URL |
  3. ニャロメママ #-
  4. [ 編集 ]

サパなんかの田舎に行って ああいう衣装はいったいどこで作っているんだろうと疑問が湧きます。 大手とは行かないまでも一括してどこかで生産しているんでしょう。
いつの時代にこの衣装が確立したのか・・・なぜ不便?な衣服が女性だけに課せられるのかも ちょっと考えますね・・・。
  1. 2014/12/18(木) 09:01:53 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

九寨溝に行った時も
華やかな色のチベットの民族衣装を着て
友人と三人で写真に撮ってきました。
その時に思ったんですが 女性は綺麗なものが着たいという本能のようなものがあるのかもしれないと・・・・・(私たち三人はしゃいでいました)
鳥たちが 綺麗な羽を広げて求愛をするように
少しでも自分を綺麗に見てもらいたい。
そんな欲求があって 丹念に刺繍をしたり
重い被り物をしたり。
課せられるんじゃなくて 重たさや動きにくさを我慢してもおしゃれをしたい。
いろんな民族衣装は そういう気持ちから
できてきたのかな?なんて思ったりもします。
それが今 商売になる時代になった。????
わかりもしないのに余計なことを書いてすみません。
  1. 2014/12/18(木) 10:10:55 |
  2. URL |
  3. ニャロメママ #-
  4. [ 編集 ]

そうかも知れませんね~。
どう言ったいきさつか調べてないので 分からないのですが・・・。
これは単なる衣装ですけど、首長族とか 中国の纏足とか 下唇に皿をいれたり、民族を
示す印はいろいろなんですよね。
そういうのを考えると何だろうと思う訳です。
美しいものはいいのですけど。
  1. 2014/12/18(木) 18:32:28 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

ほんとですねー。
下唇に皿を入れたり・・・・・ですか.あれは強烈ですね。
時々ガイドブック写真で見たりしますが
まったく何の意図があって 皿を入れたりするんでしょう????わかあーりません。
霧のまちさんの返信コメントがあまりにおみごとで 大笑いしてしまいました。
腹を抱えて笑いましたよ。
今日は楽しい一日でした。
  1. 2014/12/18(木) 21:14:58 |
  2. URL |
  3. ニャロメママ #-
  4. [ 編集 ]

国や民族が違うととんでもない風習があって
いったい何で??と思いますよね。
でも、基本的に流れている共通の考えは 女性蔑視です。 例えば相撲の世界や神社の祭事、修道院などでは女人禁制ですが 男側からの理由は「女性は穢れているから」です。
本当はそうじゃなくて、女性がいると誘惑に負けてしまうオトコの弱さですね・・・。
それを穢れると言う言葉が代弁してしまうのは蔑視感が底にあるからだと思います。
  1. 2014/12/19(金) 09:27:38 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

オシャレは我慢と言いますが・・・確かに農業や山での暮らしを考えると機能性に欠けるとは思いますが、それは我々日本人ならではの考えなのでしょうか?

観光とは程遠いラオスの山奥でモン族やアカ族の集落を見ましたがやっぱり女性は重そうな民族衣装を着ているんですね。

いろんな民族が近場で生活する場であるからこそ、種族のプライドやポリシーが重視されるのかも知れませんね~~

chempakaでした!
  1. 2014/12/25(木) 00:54:46 |
  2. URL |
  3. Chempaka #-
  4. [ 編集 ]

民族の血を守ることは 我々日本人には思いも付かない重要な事かも知れませんね~。
他とはっきり区別するために独自なデザインや色で静かな主張をしているのでしょうか。
それにしてもです、オトコたちはどこに行っても普通のTシャツと短パンが多い・・・。
  1. 2014/12/25(木) 09:26:50 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (50)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (68)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (7)
中国ー大同 (20)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (198)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード