旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

涼しいサパに行く

DSCN1436.jpg
ラオカイからクルマでサパに来た。  同じラオカイ省のサパ県に当たる。  ラオカイから南西に一時間少し。
標高が上がるのが分かる。 サパは1600mの高地で ハノイなどよりずっと過ごしやすい為、かつてはフランス人
の避暑地だった事から教会を始め、洋風の建物が古びた姿で見られる。  そんなたたずまいを ノスタルジックな
被写体として写真家の憧れの地となっているそうだ。 今のうちに撮らないと消滅する訳だし。
雨季で 時おり小雨が降ったが、肝心の時には止んでくれて日頃の行いの良さを実感!(笑)  小雨に煙るサパ
の風景はなかなかだなぁ。 山の町なので平地が少なく、家々も傾斜の中に建つ。  これと言った産業もなく
観光が大きな支えで、今やこの小さな町は ミニホテルとカフェ、レストラン、そして少数民族の人々のパフォーマ
ンスの場だ。 自分も同じ観光客の1人・・・あまり苦言は出来ない。   でも、新鮮な気分で町歩き!
民俗衣装の女性や ししゅう製品の土産物、そしてラオカイビールを飲んで通りを眺めるのは最高だ。
スポンサーサイト
  1. 2014/07/13(日) 09:37:59|
  2. ベトナム
  3. | コメント:2
<<村を歩く | ホーム | ラオカイの町>>

コメント

僕も肝心の観光の時には日頃の行いが良いのか晴れる事が多いですよ!(笑)

僕の中でサパの風景っていうのは快晴ではなく少し曇った天候と田園風景、そして少数民族の人々・・・

そうか、建物もノスタルジックで良いのか~
撮れなくなる前にいかなければ!

あ~~、行きたい!

chempakaでした!
  1. 2014/07/15(火) 23:02:46 |
  2. URL |
  3. Chempaka #-
  4. [ 編集 ]

Chempakaさんも晴れ男なんですね~♪
それ、大事なコト!!!(笑)
サパは 日本の軽井沢に似てると思うんです。
外国人の避暑地だった事や 瀟洒な建物があったけど 今は観光化で表向きはちょっと軽薄な感じとか。 外れた路地や、改装に遅れた建物だけが当時の うらぶれた美を残すんですよね。
サパは やはり快晴が少なく 小雨や霧が多いようです。
  1. 2014/07/16(水) 09:14:55 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (50)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (68)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (7)
中国ー大同 (3)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (198)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード