旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

砂から町へ

RIMG0225_convert_20140613080243.jpg
モンゴル南部のサインシャンダの町から西へ数十キロの数あるパワースポットを巡ったあと 町に戻る。
砂ばかりの砂漠状態のところから こうして町が始まっている。  こう言った写真は大好きだ。(笑)
クルマから撮ったので映り込みが醜いが・・・。     モンゴルは誰もが知っている人口の少ない国だ。
美しい大草原ばかりではなく 不毛の土地や土漠も当然ながらいっぱいある。 極度の乾燥や低音で
作物が育たないので 広い土地はあっても穀倉地帯にはならない厳しさがある。 サインシャンダの町も
15年前に初めて列車で通った時は 町とは言えず、砂の上に俄かにポツポツとロシア風の家が数軒
建っているだけだった。 以後 ここまでの密度に成長した。 ドルノゴビ県の県庁所在地だ。 石炭の町として
昔から知られていて 私たちがホテルで湯が出ないと言うと 今から石炭で湯を沸かして運びますと言われ、
慌てて断ったのが ちょうど2年前のハナシ。 何となく町全体が石炭臭いのだった。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/06/13(金) 08:49:46|
  2. モンゴル
  3. | コメント:2
<<北京のスーパーで | ホーム | ショウジョウヤシ>>

コメント

15年前にぽろぽろっとあつった建物が
3年前にはかなり町らしくなっていますね。
2度同じ所に行くのも 興味深いですね。
遺跡などと違った 今生きてる町はとくに・・・・・
人口増加がどのくらいなのかわかりませんが
食料生産もともなっていくといいですね。
  1. 2014/06/18(水) 08:30:39 |
  2. URL |
  3. ニャロメママ #-
  4. [ 編集 ]

同じ所を二度 旅することは少ないですが
この町は 珍しく10年以上後に見る機会を得ました。
初めて見た時は列車からでしたが驚きの町でした。
基本的に砂漠の地域ですから こうしてキッチリと
境目が分かるのがとても面白いです。
  1. 2014/06/18(水) 10:03:13 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (52)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (74)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (7)
中国ー大同 (23)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (198)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード