旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

ニューモスク

DSCN1080_0003.jpg
ブルネイの観光の目玉とされているモスク。 1月は雨季の最中との事で、どんよりとした風景の中 思うようにきれいな写真が撮れない。 何だか怪しい風景になるなぁ・・・。  ブルネイは資源も豊かで世界でも指折りの金持ち国家だと言う。 このモスクは国王がポケットマネーで建てた事で有名だ。 どっしりとしたミナレットは 近付くともう圧巻で 細かなタイルが貼り巡らせてある。 正式名は ジャメ・アスル・ハッサナル・ボルキアモスクと言うが 通称ニューモスクと呼ばれている。  入り口の階段を昇って中に入ると 豪華モスクらしい清らかな美しさが広がる。
しかし、華美な装飾は無くて全体的にすっきりしていて王のセンスに頷く。
礼拝の日ではなかったので中は人が少なく、エントランスからそのまま土足で入ってしまい、途中で気付いて慌てて靴を脱いだ。  私は イスラム国でモスクを見る旅が多いほうだが、どれ一つ同じものが無くて それぞれが非常に美しく世俗離れした感じのデザインに心底感動する。 小さい頃に読んでハマったアラビアンナイトの怪しい空気をそのまま持ってきたような異国の気配に 今も改めてハマる。 夜のライトアップは、王の好きな金色に輝くそうだ。
スポンサーサイト

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

  1. 2014/04/13(日) 09:53:07|
  2. ブルネイ
  3. | コメント:2
<<ブルネイ通貨 | ホーム | 椰子の実>>

コメント

霧のまちさん、ブルネイに行かれたんですね。
アジアの中ではなかなか行きづらいところ、興味ありありです。
モスクの中は撮影禁止だったのでしょうか。
ブルネイの続報、お待ちしております。
  1. 2014/04/14(月) 09:49:12 |
  2. URL |
  3. Lunta #iSlGiXh2
  4. [ 編集 ]

Luntaさん  そうなんですよね~。
なかなか行けない場所なんです。
実はコタキナバルを起点に クルーズでボルネオ北側を廻ったんです。 時間があまりなく、写真は少ないのですが 出来るだけUPしますね。
南極・・・楽しんで拝見してますよ~。
  1. 2014/04/14(月) 19:38:29 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (49)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (66)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (197)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード