旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

油條

DSCN1174.jpg
台湾を旅したあとは どうしても食べ物バナシになる。(笑)   この油條は 台湾の国民食だ。
店でも屋台でも大抵安く扱っている。 30cmほどの長さの定番商品だ。  これは二つ折りにしたもの。
私も大好きで、台北でも2度食べた。 初めて食べたのは北京。  朝食をほとんど外食でとる中国の人たちは 朝、バタバタと路上に出て油條を買う。 それを豆乳などに浸けながら食べる。
北京に限らず、私は中国各地でこれを見る事ができた。  西の端のカシュガルの街でも ホテル前の路上で おじさんが静かに作っていた。 粉を練ってビューンと何度も延ばし、トントンと切って油で揚げていく。
100%目に見える過程で出来上がっていく食べ物はいいなぁと思いながら 飽きずに眺めていた。
全くの個人企業!だから 微妙に美味しさが違うのは言うまでもない。  北京で食べたのは最高に美味しかった。北京の知人が買って来てくれたので 美味しい店を選んでくれたのかも。  大きなビルの軒下で早朝にバタバタと出来る朝ごはんの場所。 中国の逞しい風物詩だ。 台湾でも同じ情景がある。 ああ、また行きたいなぁ。
スポンサーサイト

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2014/03/30(日) 08:41:56|
  2. 台湾
  3. | コメント:2
<<眠れる森の美女! | ホーム | 露店のパン>>

コメント

これ揚げパンですよね?似た様なものはベトナムやネパールにもあってやはりチャイなんかに浸けて食べますね~~。素朴な味なんですけどおいしいですね!

台湾の屋台って種類が豊富で誘惑が多そうですね~~

胃腸が強くなくてはいけませんね~~(笑)

chempakaでした!
  1. 2014/03/31(月) 01:33:29 |
  2. URL |
  3. Chempaka #-
  4. [ 編集 ]

はい、確かに胃が丈夫じゃないとキツイかもですね。 東南アジアでは揚げ物も多いですから余計にね。  粉や油の具合なんかで これも違いが出てくるのだと思いますが、日本では定着しませんね、なぜか・・・。
  1. 2014/03/31(月) 09:08:16 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (50)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (68)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (7)
中国ー大同 (20)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (198)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード