旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

アルミのハカマ付き

DSCN0720.jpg
シベリア鉄道に乗って一息。 と、思っているとこんなカップを貸し出してくれた。 一個ずつ配られる。
車内には給湯設備があるので 素さえあれば ゆっくりと熱いお茶を作って いつでも飲める。
今、宮脇俊三氏の「シベリア鉄道9400キロ」を読み返しているが 彼が全線乗ったのは 1982年だ。
その時に貸し出されたカップの事を「アルミの袴付きのグラスで 300ccも入りそうだ」と書いている。
まさに これじゃないのか。(笑)  アルミのハカマ付き~。
31年前の話でも これは傷むわけじゃないし、延々と使っているんだろうなぁ。
彼は 2人用のコンパートメント利用なので 部屋は私とは形が違うが 線路や沿線の情景、引込み線など
もの凄く細かく描かれていて 元祖鉄チャン。 (失礼な言い方だなぁ)
結局 私たちは このカップで紅茶じゃなくビールを飲んで過ごした。(笑) ハバロフスクのスーパーで
調達してきた クマさん印のビールだ。(ビールは またUPの予定・笑)
スポンサーサイト

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2013/09/01(日) 07:40:15|
  2. ロシア
  3. | コメント:2
<<ロシアンスカーフ | ホーム | レストラン車両>>

コメント

丈夫そうに作られているんですねー。
駅も列車も このカップも・・・・
ロシアの雪深い 厳しい大地で暮らす人たちの
生活用品などはどんなものを使っているんでしょう?
  1. 2013/09/03(火) 06:24:25 |
  2. URL |
  3. ニャロメママ #-
  4. [ 編集 ]

頑丈そうです~。
ロシアって言うと デザインや見た目よりも まず頑丈を好むみたいですね。
厳しい気候だし 辺鄙な場所が多いから そうせざるを得なかったんでしょうね。
それも一つの大事な文化ですかね~。
  1. 2013/09/03(火) 08:03:51 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (50)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (68)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (7)
中国ー大同 (3)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (198)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード