旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

長い橋に会う

DSCN0733.jpg
シベリア鉄道・オケアン号は 昨夜21時にハバロフスクを出て 今、もうすぐウラジオストクに着く。
ウラジオの海岸線は入り組んでいて 線路も大きく迂回したりしている。
私も 眠りから覚めて朝食の弁当を食べて いそいそと降りる仕度なんかもあり、ゆっくりと窓の外を眺める
余裕がない。(苦笑)  そんな時、見えて来たのがこの長~い橋だ。
朝のピンクのうす雲の中で ちょっと幻想的ないい景色だった。 これは鉄道の橋ではなくて 道路かな。
ちょっと前までは ウラジオの港や街に一般人は入れなかった。 軍の重要な港だったからネ。
ロシアは広くても 北側の港は凍り付いて使えない所がほとんど。 極東のウラジオは 東を治めるには
最重要な港だった。 確か 宮脇俊三氏のシベリア鉄道の本では ウラジオには入れず、ハバロフスクからじゃ
なかったかな??   もう一回読み返してみなきゃ。
余談だけど、以前 ラジオの気象通報が好きでよく聞いた。(笑) ウラジオと 略して言ってて思いを馳せながら聞いたが こんな所だったんだなぁと ふと思った。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

  1. 2013/08/30(金) 08:59:42|
  2. ロシア
  3. | コメント:2
<<レストラン車両 | ホーム | 「カブールの本屋」>>

コメント

タイトルのとうり 本当に長い橋ですね。
遠くに見える 島だか 半島だかわかりませんが そこに行くために造られているようですね。
手前の 写真に写っていない部分が どのくらいあるんでしょう?
歩いて渡るには 相当時間がかかりそうですね。車専用ですかね?
水深は あまりなさそうですが 橋脚はなんぼんぐらいあるんでしょう?
水平線に 向かって伸びてるような橋 日本では見ることはできないでしょうね・・・・・
  1. 2013/08/30(金) 20:59:30 |
  2. URL |
  3. ニャロメママ #-
  4. [ 編集 ]

列車は この橋の下をくぐりましたから これは鉄道じゃなく 道路橋でしょうか。
向こうが霞んでしまうほど長いです。 何だか夢のような橋ですね。
歩いたら どれくらいかかるのやら・・・。
  1. 2013/08/30(金) 21:14:22 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (54)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (80)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (8)
中国ー大同 (23)
中国ー黄土高原 (5)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (199)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード