旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

「女ノマド、一人砂漠に生きる」

女ノマド、一人砂漠に生きる (集英社新書)女ノマド、一人砂漠に生きる (集英社新書)
(2012/12/14)
常見 藤代

商品詳細を見る

エジプトの砂漠に一人で暮らすノマド女性 サイードの暮らしをルポしている。
彼女の夫や子供たちは 国が定めた定住施設に住んでいるが 彼女は自由を選んだ。 砂漠で数頭の
動物と暮らしている。  小麦粉で平たいパンを焼いて食べる。 
イスラムの掟のもと、夫は複数の妻を持つ。 「そんなものよ」と彼女は笑うが 実はうつ病になった
事もあると言う。  女性が置かれた立場は いずれにしても過酷なものなのだ。
そんな事情を振り切るように 一人で自由に砂漠で暮らす事を選び取った彼女の意地のようなものが
見える。 そりゃぁ砂漠は自由だが 過酷だ。 寒暖の差は大きいし、無防備。
著者は 何度もここに通って彼女と一緒に暮らし、体感する。
サイードは 50代だと言うが やはり顔の年輪は深くて 80代くらいに見える。
スポンサーサイト

テーマ:本に関すること - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/02/09(土) 09:46:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4
<<鳩だらけの寺 | ホーム | スパイダーリリー>>

コメント

本の紹介ありがとうございます。
来週からの モロッコ行のために ツタヤに行ったり 図書館に行ったり この一か月モロッコ一辺倒でした。
 この間から載せていただいている「阿弥陀堂便り」「道 果てるまで」「エンジェルフライト国際霊柩送還士」など興味のあるものばかりです。
この本の女性も 男性に頼らないで生きられる強さを持った人のようですね。
モロッコから帰ってからの 読書の楽しみがまた増えました。
  1. 2013/02/09(土) 22:23:28 |
  2. URL |
  3. ニャロメママ #-
  4. [ 編集 ]

簡単な紹介で申し訳ないです。
自分の興味で勝手に選んだ本を 載せていて そのように参考にして頂き、面映いですが。
このノマド女性の思いは とても解かるなぁと読んでいて感じました。  砂漠で一人で暮らすことは 日本の私たちには想像しにくいですが 凄いですね。
  1. 2013/02/10(日) 09:07:17 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/02/18(月) 15:59:32 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 著者の常見藤代です。
>
> 本をお読み下さり、本当にありがとうございました!
常見さま
簡単な ブログですみません。 ご返信下さり 感激です。
私は 砂漠が好きで世界のあちこちの砂漠に行きました。
そんな折、この本の発行を知り、さっそく読ませて頂きました。
サイードさんは今も 元気でお過ごしでしょうか?
  1. 2013/02/19(火) 10:15:02 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotaro605.blog57.fc2.com/tb.php/1322-1780f9ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (49)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (68)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (0)
中国ー大同 (0)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (198)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード