旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

カーペットの重し

逕サ蜒・154_convert_20121219094436
最初、これは印鑑かと思った。(笑)  案内を読むと なんとカーペットの重しなのだ。
インドは ジョドプール、メヘランガル城の中には かつての城主の華麗な暮らしの遺物が・・・。
欧州から取り寄せたと言われる 当時貴重なステンドグラスに彩られた大きな会議室や 女性たちが
会議の様子を覗く天井に近い小窓、赤ちゃんのゆりかごは 天使が宙を舞っているような飾りの
付いた豪華でシックなものだった。  どこの国や地域にも 王や豪族の贅を尽くした暮らしの
遺産があって 当時の最高水準の技術や文化が今の我々にも伝わる。   インドの王族の 美しく
きらびやかで 細工の繊細な物々に圧倒される。
で、この左の重しは 何とラクダの骨から作られている。 少し色あせているが 当時はもっと
華やかな色だったのだろう。 右は しんちゅう製で細工が素晴らしい。  このような重しを
置くとつまづいてしまいそうだが、心配不要。 広~い 広い大広間のじゅうたんの端っこには
足を運ぶ人もいないし、遠くからでも立派な重しが望める寸法だ。(笑)
スポンサーサイト

テーマ:異文化を楽しむ! - ジャンル:海外情報

  1. 2012/12/19(水) 10:10:31|
  2. インド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<『土のコレクション』 | ホーム | 美しい門扉>>

コメント

パイナップルのようなものは ラクダの骨でできているんですか?
「はあー・・・」って言って ただ見いるばかりですねえ。
王様や貴族は 権力やお金に物を言わせ これでもかと居城を飾ったんですね。
絨毯の重しと聴いて そんなものがあったんですか?  知りませんでしたねです。いやー苦笑い!
高級な絨毯なら 重しなんかしなくても 床に吸いつくように敷けるんじゃないかと思いますが・・・・
霧のまちさんのブログでは いろんなものをみせてもらえます。 あまりにも知らないことばかりでお恥ずかしい。 
  1. 2012/12/22(土) 22:11:45 |
  2. URL |
  3. ニャロメママ #-
  4. [ 編集 ]

私も最初は 印鑑かチェスの駒か くらいに思っていましたよ。(笑)
そしたら 説明文に カーペット・ウェイトと書いてあって あ、そーかって。
この旅は添乗員無しで単独でしたから 自分で見るより仕方なかったんですよね。(笑)
しかし、ラジャスタンらしいです、ラクダの骨って。
  1. 2012/12/23(日) 09:01:37 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotaro605.blog57.fc2.com/tb.php/1298-1f056c02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (50)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (68)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (7)
中国ー大同 (3)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (198)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード