旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

砂漠の花

DSC01410_convert_20121202100613.jpg
植物の旅はまだまだ続く。(笑)    新疆ウィグル自治区の庫車(クチャ)郊外の荒地には
昔、玄奘三蔵が立ち寄って暮らしたと言う 今は崩れた遺跡があるが あとは何も無い。
砂と瓦礫が広がる 音のない世界だ。  植物がたまに緑の色を見せている。
それが このラクダ草。 ちょうどこんな花が咲いていた。  2~3cmの地味な花だ。
他の植物が生えない乾燥した地域で よくも健気に繁茂を続けるものだ。 かなり鋭いトゲがたくさん
付いている。 名前のとおり トゲに関係なくラクダはムシャムシャと食べてしまうそうだ。
砂漠の生き物同士 すごい関連だなぁ・・・。   
いろんな土地で思う事だが、動植物は紀行や地形によって鮮やかに棲み分けをするが 人間はおよそ
どんな環境でも知恵で乗り切って生きる。 植物などを見ながら 返って人間の強靭さにしみじみと
感動したりするのだ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

  1. 2012/12/02(日) 10:07:57|
  2. 中国ー新疆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<落ちてた花 | ホーム | 亜熱帯を肌で>>

コメント

本当に人間はすごいです。
50度の砂漠でも イヌイットの人達のように氷ばかりのところにでも 人は生きているんですよね。
  1. 2012/12/02(日) 22:45:46 |
  2. URL |
  3. にゃろめまま #-
  4. [ 編集 ]

本能のままの植物と 叡智を巡らす人間の差
でしょうね。 温度だけじゃなくて 湿度や
高度もありますよね。  空気の薄い地域と
海抜がマイナスの土地。 「考える」事って
人間の最大の武器ですね~。
  1. 2012/12/03(月) 00:52:39 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #L.Nq8rDo
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotaro605.blog57.fc2.com/tb.php/1283-876195ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (52)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (77)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (7)
中国ー大同 (23)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (198)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード