旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

修復

RIMG0205_convert_20121119101817.jpg
ティクセゴンパでは 静かに修復が行われていた。
ここのゴンパに限らず たいていの寺院で何かしら修理がされている。  それも 重機や機械の
チカラ無しに コツコツと手作業で。   ここに見える四角な石も一個一個が手ノミでトンカチと
割られているのだ。 一個作るのにどれだけ掛かるのか・・・。
数百年から千年もの年代を生きてきたゴンパは 常にこうして中も外も修理が要るのだなぁ。
機械で 一瞬のうちに出来てしまうよりも、何ヶ月もかけて人の手で治していくのは 何だか大事な
事だとしみじみ思う。   ゴンパに限らず、インダスの河岸では 何箇所も手作業で いつ終わるかも
知れない ゆっくりテンポで住民による整備がされていた。 日本の合理主義の目で見ると もう
イライラするほどの現状だけどネ。   ここでも ホントは大掛かりな重機を使いたいのかも。
そんな機械を運び込むことすら遠い夢と言った地域。 人の手は 素晴らしい。
スポンサーサイト

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

  1. 2012/11/19(月) 10:42:33|
  2. インド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<手作業で | ホーム | サスポル村>>

コメント

ほとんど手作業では ゆっくりテンポじゃないと
体がもたないんじゃないですかね。
でも そんなことないか? シェルパの人たちは凄い荷物を担いで 登山隊についていけるわけだし・・・ガツガツしない民族性?
新宿や渋谷の繁華街に出て行って 非常に疲れて帰ってくる私には羨ましい部分もあります。
昨日の サスポル村の風景も・・・・ふくめて
  1. 2012/11/19(月) 15:55:44 |
  2. URL |
  3. ニャロメママ  #-
  4. [ 編集 ]

日本の雑踏にも確かに疲れますね~。
また、こちらの村の重労働も 常にある訳ですが
十分な体力がないと耐えられませんね。
でも アセることなく ゆっくりでいいとなれば
何とか続けていけるかと思います。
人間の身体能力は 太古とそれほど変わって
ないのに 社会テンポが急に速くなると追い付けないで
ストレスや怪我のもと。
今後のスローガンは ゆっくり ですね♪
  1. 2012/11/19(月) 19:53:42 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotaro605.blog57.fc2.com/tb.php/1271-2cb29029
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (50)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (68)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (7)
中国ー大同 (21)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (198)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード