旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

サスポル村

RIMG0316_convert_20121118090639.jpg
レーから西に インダスを下って行った地域の村。  ここは標高が3100mほどで 緑も
多くて作物がたくさん採れる。  ラダックの本を書いた山本高樹さんも この村で農家の手伝いを
されたそうだ。  とても穏やかな村で ちょうど麦の刈り取りも終わって一段落と言ったところ。
まったく何の音もせず、濃い青空と 西の方角には万年雪の高山がそびえる。
これ以上平和な風景があるかと思うほど 心が落ち着く景色だった。
たまに 放たれている牛が静かに草を食んでいるくらいで 時が止まったような桃源郷のような所だ。
何も無いといえばそうだが・・・人はその中で 精一杯の工夫をしながら日々を暮らし、子供を
育て、彼らなりの文化を継承して行くのだ。  しかし、こんな場所のゴンパの少年僧はケータイや
ゲーム機を手にしていて、抜け目のないエネルギーを感じる。(笑) やっぱりそうでなくちゃネ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

  1. 2012/11/18(日) 09:23:46|
  2. インド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<修復 | ホーム | 民家の中は>>

コメント

ケータイが通じるのですね?凄いなあ~
そういえば、ネパールでもこんな所で
ケータイが通じるのだ!とビックリした事も。

電柱立てて固定電話を設置するよりも
設備投資も少なくて済みますし、途上国で
爆発的にケータイが広まっている理由が
わかりますね~

chempakaでした!
  1. 2012/11/20(火) 00:52:36 |
  2. URL |
  3. Chempaka #-
  4. [ 編集 ]

そうですね、ケータイがどこまで通じるのか
未知の部分もありますが、中学生くらいの僧が
階段に腰掛けてゲーム機を覗いていました。
村に暮らすよりも観光客の来るゴンパにいた方が
ナニかと新しいものに触れられるかな??
古くからの暮らしと いきなりのケータイ・・・
村はどんな風になって行くんでしょうね。
  1. 2012/11/20(火) 09:54:48 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotaro605.blog57.fc2.com/tb.php/1270-1cfea477
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (52)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (77)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (7)
中国ー大同 (23)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (198)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード