旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

民家の中は

RIMG0340_convert_20121117085103.jpg
アルチ村で 昨日頼み込んだと言う民家に伺うことになった。  外に付けられた階段を
上って二階におじゃまする。  靴を脱いで上がる床で 広い居間に通された。
壁面を全部使った棚には ウワァ~!!! ずらりと鍋や調理道具、仏壇に供える道具などが整然と
並んでいる。  いろんな本などで見た通りの風景なのだ。 それも きれいに磨き上げられて
サビやコゲの色も全然なくてピカピカだ。  そして調理用のストーブが中心にドンと置かれて
暖かい雰囲気を作っている。  ここで すべての調理をしながら暖を取るのだろう。
暖かいバター茶をご馳走になった。  塩味の効いたコクのある味で 私は初めてのバター茶だった。
民俗衣装の奥さんが来られたが 年齢を聞いて・・・ここではやはり年より老けて見えるんだと痛感。
多くの鍋類は 皆で食事をする事が多いので 常に用意されているそうだ。 これは特に裕福と言った
家でもなく、普通の民家だと聞いたが なるほどなぁ・・・。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:異文化を楽しむ! - ジャンル:海外情報

  1. 2012/11/17(土) 09:11:02|
  2. インド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<サスポル村 | ホーム | ゴンパの壁画>>

コメント

友人から この間 ラダックの写真集を貰いました。
その写真集にも 古そうなストーブの前に その家の主婦と思われる人が座り 周りの棚に ピカピカに磨かれた調理道具が並んでいます。
この写真集は 1988年発行ですが 主婦の頭の上の棚には 「NESCAFE 》なんて書かれた缶が置かれているんです。
貰った写真集と霧の町さんのブログを見比べて ラダックは25年前とあまり変わっていないんじゃないかと思いました。
写真集を送ってくれた友人に感謝、感謝です。
  1. 2012/11/17(土) 18:32:25 |
  2. URL |
  3. ニャロメママ #-
  4. [ 編集 ]

25年くらいの年月は それほど暮らしを変えて
いないのですね。 ピカピカの鍋類を見て
その土地の底力を感じました。
守って行くことって必要ですね。
今ごろラダックの寒さは相当かと思います。
牛の糞の燃料で 暖を取っているのでしょうか。
  1. 2012/11/17(土) 20:53:12 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotaro605.blog57.fc2.com/tb.php/1269-fb342c33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (52)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (75)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (7)
中国ー大同 (23)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (198)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード