旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

ラダックの窓

RIMG0154_convert_20121101093503.jpg
チベット様式の建物 つまり、ゴンパの形式は 厚い壁と このような形の窓。
これは チェムレゴンパの窓だ。 岩山に建っているので 周りの景色を見ても同じような茶色の
岩の山だ。  ラダックでは 大抵どの建物を見ても この形の窓がはめられている。
景観を守るための決まり などと言うものは無いのだろうなぁ。(笑)  民家もホテルもみんなこう
言った造りの窓枠になっている。 これは4枚方式だが 5枚になっている所も。
観音開きで 木製だ。木が貴重なここで 何の木が使われているのか・・・。
民家は 白い厚い壁に茶色やエンジ色の窓枠が一般的だ。  たぶん 窓枠屋があって、そっくり
買ってきてはめるんだろう。 いろんな国の窓を見ても 日本式の「引き戸」って無いなぁ。
敷居と言う発想も だから無い。 窓の特徴をしみじみと感じたラダックの旅でもあった。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:異文化を楽しむ! - ジャンル:海外情報

  1. 2012/11/01(木) 09:56:51|
  2. インド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<少年僧 | ホーム | 水周り>>

コメント

こういう窓を見ながら 敷居のことを考えていたんですか・・・?

海外で私は 敷居というものを見たことがあるんだろうかと思い出そうとしています。 ?マークですね。

私が育った家などは敷居だらけで 結婚式や お葬式の時など ふすまや障子をはずして いくつもの部屋を使って 人寄せをしたのを覚えています。

世界各地の家観察面白いです。 これからは良く見てきます。
  1. 2012/11/02(金) 20:00:10 |
  2. URL |
  3. ニャロメママ #-
  4. [ 編集 ]

いえ…そんなに見てた訳じゃないのですが。
世界で あの中国でさえ 引き戸はあまり無い
ですね。  ドアがほとんどです。
ラダックの何連もの窓、どこでもそうでしたから
専門に窓屋さんがいるに違いないと考えて
いました。 真相は・・・??
  1. 2012/11/03(土) 01:00:17 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotaro605.blog57.fc2.com/tb.php/1255-92c8874c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (54)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (80)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (8)
中国ー大同 (23)
中国ー黄土高原 (6)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (199)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード