旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

婚礼衣装店

繝医Ν繧ウ莉・245_convert_20120708083140
ウズベキスタンの北西に当たる町、ヒヴァ。 砂漠をすぐそばに抱える乾燥地だ。
古いモスクを改造して 市場になっている。  市場はそこに住む人たちの暮らしが見える一番の場。
いろいろ面白いところが見られたが ここも興味ある店だ。  何と市場内にウェディングドレスが
売られていた。 女性のドレスは世界共通と言っていいが 男性用の衣装が特徴的だ。
ドレスの後ろに見えている 金色の前立てが豪華な黒いコート風のもの。
結婚式だけじゃなく、男性のハレの機会にはこれを着る。 金糸刺繍の手作り感のある素晴らしい
衣装だ。  楽団の団員も着るし、VIPを迎える時もこの衣装。  タキシードのようなものだ。
貸し衣装なんかはあるのかな?  これを着ると とにかく立派に見える。(笑)
しかし・・・市場の中、すぐ横にポロシャツがぶら下がって 楽しい光景だった。
スポンサーサイト

テーマ:異文化を楽しむ! - ジャンル:海外情報

  1. 2012/07/08(日) 08:58:30|
  2. ウズベキスタン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<リゾートの裏 | ホーム | 二手家電>>

コメント

そう考えたら日本人男性の民族衣装って
地味ですよね?って何がありましたっけ?
紋付袴ぐらい?(苦笑)

タキシードの似合う人もなかなかいないですよね!

chempakaでした!

  1. 2012/07/08(日) 22:37:11 |
  2. URL |
  3. Chempaka #-
  4. [ 編集 ]

そうなんですよね、礼装って その国の
正装なんですが…日本人のそれは もはや
黒服…? 本来は紋付袴ですが 着ませんね。
アイデンティティの無さが浮き彫りです。
  1. 2012/07/09(月) 00:50:23 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotaro605.blog57.fc2.com/tb.php/1155-8ed39090
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (50)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (68)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (7)
中国ー大同 (3)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (198)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード