旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

美女が眠る所

DSC01453_convert_20120704102107.jpg
烏魯木斉にある 新疆博物館。 あの楼蘭の美女のミイラのある場所だ。
1階の 広い室内に何気ない感じであった。 ずいぶん何度もいろんな写真を見てきたので ああ これ
がネ と言う妙な気分だったが。  有名になったあのミイラは世界の国々に貸し出すので 「留守」に
なっている日も多いそうだ。  日本に展示されていた時、ガラス(アクリル?)のケースを日本側で
作ったようで そのケースで陳列されていた。  カマボコ型の半円の透明なケース。
すると・・・その前はいったいどんなケースで展示していたのか??
そこの学芸員の方が言っていたが ここでは資金がなくて ケース、その他の設備がなかなか揃えられな
いと。  建物の修復も迫られているそうだ。   この楼蘭美女の他にも 時代を映す幾体ものミイラ
があるが 何と日本に出張中なのだった。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

  1. 2012/07/04(水) 10:51:06|
  2. 中国ー新疆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<岩山が続く | ホーム | 瑠璃廠>>

コメント

楼蘭のミイラがこの建物の中に置かれているんですか?
建物の雰囲気とミイラが結びつかないです。
大事な歴史物は何でも博物館行き・・・
あった場所で見たいです。
  1. 2012/07/04(水) 21:21:58 |
  2. URL |
  3. ニャロメママ #-
  4. [ 編集 ]

楼蘭と烏魯木斉では かなりの距離がありますね。
やはり 博物館になってしまうんですね~。
実際に見てみると あ、写真と一緒だ…などと
思ってしまいますね。
楼蘭には なかなか行き着けない場所ですが
いつか行きたいです。
  1. 2012/07/04(水) 22:53:10 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

僕が小学生の頃、NHKのシルクロードで
楼蘭が紹介された時だったかな~、子供心に
ここには行かなくては!と思ってましたね(笑)

ミイラも30年ぐらい前でしたっけ?発見は。

新聞の記事を興味深く読みました!

そう!小さな頃からロマンチストだったのです!(笑)

chempakaでした!
  1. 2012/07/06(金) 00:18:47 |
  2. URL |
  3. Chempaka #-
  4. [ 編集 ]

そう! 人間 ロマンティストじゃなきゃ!
それが好奇心の始まりだし生きる糧です!

NHKのシルクロード、喜太郎の音楽が耳に残ってますね~。日本中が見入りました。
Chempakaさんも行きたい場所なんですね!
  1. 2012/07/06(金) 09:04:37 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotaro605.blog57.fc2.com/tb.php/1151-b350f265
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (52)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (75)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (7)
中国ー大同 (23)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (198)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード