旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

酒売り場

RIMG0031_convert_20120628094258.jpg
ウランバートルの駅の近くの小さなスーパーに入った。  駅のそばと言う事もあって 列車に乗り込む
のに便利そうなお菓子や飲み物が主だが 大きなスペースで酒売り場があった。
モンゴル人は よく酒を飲む。  ビールなどはほとんど置いてなくて、ウォッカが主だ。
アルヒと言うモンゴル産ウォッカは 昔は家畜の乳から作っていた。 椎名誠氏は 何度もモンゴルに
行っていたが その時の本にアルヒがよく出てきた。 今は 産業として穀物から作っているそうだ。
度数は高くて 普通38度くらいとか。  寒い地方だから強い酒が要るのかも。
ロシアみたいに、モンゴルでも路上の酔っ払いが絶えないそうだ。 冬は凍死するのにネ・・・。
ちょっとしたスーパーなのに この酒売り場の面積は 店の半分近くを占めている。
それを見ても いかに酒が必需品なのかが解かる。 列車の中でどうしようもなく酔った人がいたら
車掌も客も大変だなぁ。
スポンサーサイト

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

  1. 2012/06/28(木) 10:06:01|
  2. モンゴル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<新疆百円ショップ | ホーム | 「代官山オトナTSUTAYA計画」>>

コメント

駅近くで こんなにたくさんのお酒を売っているんだったら 誰でも列車の中でも飲まれると思いますよね。
東京の夜遅い時間の電車 酒臭くて嫌だと聞いたことがあります。
呑兵衛にからまれたりしたら 車掌さんかわいそう。
強いお酒を飲む ロシア人には アルコール中毒が多いとか? 
モンゴルのお客さん ほろ酔い程度に願いたいですね。 
  1. 2012/06/28(木) 22:10:18 |
  2. URL |
  3. ニャロメママ #-
  4. [ 編集 ]

仰る通り 最終電車には酔っ払いが多いようですね。 ヤですね~。
ロシアではもう社会問題となっているようですね。
モンゴルもきっと大虎が多いのでしょうね、
  1. 2012/06/28(木) 23:00:05 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotaro605.blog57.fc2.com/tb.php/1145-6bd65381
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (49)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (68)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (197)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード