旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

ナーベーラー

RIMG0048_convert_20120612095955.jpg
『こんなウマイものをよくもアカスリにしたものだと、反省させられることしきりであった』
仲村清司氏が「沖縄うまいもん図鑑」で 力強く述べている。
中国・アジア地域の中で ヘチマを食用としないのは 沖縄以外の日本だけだと言うのだ。
そーだったのか~! まさに夏の食べ物で身体から暑さを取り除いてくれる ありがたい食材だとか。
実は私も ヘチマが食べ物だと言う感覚は無かった。 しかし・・・ナーベーラーの語源は「ナベ洗い」。
沖縄でもちゃんとタワシにするのだネ。(笑)
仲村さんの文に触発されて じゃあ食べてみようと思ったが 野菜として売ってない。
自分で作るしかない!←こう言う時の決断は何故か素早いのだ。  ソク、種を買って蒔いた。
ヘチマが生る風景って ほとんど見た事がないなぁ。 で、今朝 初めての花に感動~!
10cmもの大輪。昨日のつぼみからは想像できない大きさだ。 煮浸しが出来るのは いつか!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

  1. 2012/06/12(火) 10:23:21|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ホット過ぎる国で | ホーム | 灯明油>>

コメント

ヘチマ、沖縄料理だと味噌炒めでしょうか。
台湾では小龍包の具になっていて、これがおいしい。
漢方では熱を取るとして暑い時期の食べ物ですね。
それにしてもナーベラーが「鍋洗い」とは、知りませんでした。聞けば納得。
  1. 2012/06/12(火) 22:18:12 |
  2. URL |
  3. lunta #iSlGiXh2
  4. [ 編集 ]

あ、台湾では小龍包の具ですか、美味しそうですね。  ヘチマは自ら 汁を出すそうで それが
ほのかに甘くて美味しいようです。
仰るように 味噌に合いそうですね。 うまく実るかどうか・・・楽しみです。
  1. 2012/06/13(水) 00:40:22 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotaro605.blog57.fc2.com/tb.php/1131-a2aab1a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (52)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (75)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (7)
中国ー大同 (23)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (198)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード